新型コロナウイルス感染症 > 個人の方への支援 > 保護者の感染時における児童の緊急一時保護

保護者の感染時における児童の緊急一時保護

最終更新日:2021年9月1日

ここから本文です。

概要

保護者が新型コロナウイルス感染症により入院し、保護者の代わりとなる親族等がおらず、濃厚接触者である児童を養育する者がいない場合、濃厚接触者の児童の受入を行う施設を確保し、保護者が退院するまでの間、児童の生活を支援します。

児童の受入

1)対象児童
保護者が新型コロナウイルス感染症により入院し、家族や親族の方などの養育する者がいなくなった濃厚接触者である児童。
2)受入までの流れ
保健所から、陽性患者となった保護者の家庭への調査の中で、個別にご家族の状況を確認します。

受入施設

施設

市内施設(非公表)

運営方法 看護師等が24時間体制で児童の生活を支援
利用料 無償

受入における安全対策

  1. 生活区域のゾーニングの実施
  2. 看護師等による健康観察の実施
  3. 医師との24時間連絡体制の確保

 

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 0570-083330 または 078-333-3330

このページの作成者

こども家庭局家庭支援課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館7階