現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2020年5月 > 新型コロナウイルス感染症対策における児童の一時受入の開始

更新日:2020年5月1日

新型コロナウイルス感染症対策における児童の一時受入の開始

ここから本文です。

記者資料提供(令和2年5月1日)
こども家庭局家庭支援課

1.概要

保護者が新型コロナウイルス感染症により入院することとなった際、保護者の代わりとなる親族等がおらず、濃厚接触者である児童を養育する者がいなくなることが想定されます。

このような状況が発生することに備え、市民生活のセーフティネットとして、濃厚接触者となった児童の受入を行う専用の宿泊施設を確保し、保護者が退院するまでの間、児童の生活を支援します。

本日、施設での受入の準備が整いましたので、お知らせいたします。

2.児童の受入

(1)対象児童

  保護者が新型コロナウイルス感染症により入院し、養育する者がいなくなった濃厚接触者である児童。

(2)受入までの流れ

  陽性患者に対する保健所の調査の中で、家族状況に応じて、神戸市が個別に意向を確認します。

3.受入施設

(1)施設      市内宿泊施設(非公表)

(2)開設日     令和2年5月1日

(3)受入可能人数  最大20名程度

(4)運営方法    看護師、保育士等が24時間体制で児童の生活を支援

(5)利用料     無償

(6)その他     神戸市が全室借り上げ(一般利用は中止)

4.受入における安全対策

(1)生活区域のゾーニングの実施

(2)看護師等による健康観察の実施

(3)医師との24時間連絡体制の確保

5.その他

感染者や医療従事者及びその子どもに対するネット上での誹謗中傷が続いている中で、施設名の公表により、当施設を利用した児童が誹謗中傷を受けることも想定されるため、受入施設名の公表は差し控えさせていただきますので、ご理解をお願いいたします。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

こども家庭局家庭支援課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館7階