現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2020年10月 > 犯罪被害者週間講演会「附属池田小児童殺傷事件からの教訓」~子どもの安全を守るために~を開催します

更新日:2020年10月26日

犯罪被害者週間講演会「附属池田小児童殺傷事件からの教訓」~子どもの安全を守るために~を開催します

ここから本文です。

記者資料提供(令和2年10月26日)
危機管理室地域安全推進担当
TEL:078-322-5171(内線902-9737)FAX:078-322-6031

趣旨

神戸市では、犯罪被害者やそのご家族の支援に取り組んでいます。被害に遭われた方が一日も早く平穏な生活を取り戻すためには、周囲の人の理解と配慮が必要です。悲しみの中にいる人たちがどのような問題に直面しているのか、また、私たちにはどのようなことができるのか、一緒に考えませんか。

日時

令和2年11月28日(土)14:00~15:35(13:45開場)

会場

神戸市勤労会館3F(神戸市中央区雲井通5-1-2中央区役所西隣)

内容

第1部

「附属池田小児童殺傷事件からの教訓」~子どもの安全を守るために~

本郷紀宏氏

2001年(平成13年)6月8日に発生した大阪教育大学附属池田小学校児童殺傷事件において、長女優希さん(当時小学二年生。7歳)を亡くす。

現在、このような事件による悲劇が二度と起きないよう2004年より『子どもの安全・学校の安全・地域の安全』、『生命尊重』、などをテーマに全国各地(これまでに北は青森県から南は沖縄県まで)で講演活動を行なう。

また、2005年に「精神対話士」の資格を取得し、心の悩みを抱える人々の話の聞き手として、心のケアにあたる仕事にも携わる。

第2部

犯罪被害者ご遺族が置かれている状況の理解とわたしたちにできること

カウンセリングルームRanunculus

代表

坂田美和子氏

 定員

40名(先着)

※新型コロナウイルス感染症にかかる対応について

●開催の際には 以下の対策を実施します。

〇マスクの着用(マスクを持参ください。)〇検温の実施(37.5℃以上の方は入場できません)

〇手指消毒液の配置及び消毒(受付に消毒液を設置)〇座席間隔の確保(定員の半分以下で実施)

※当日に体調の悪い方または、コロナ感染疑いがある方は不参加へのご協力をお願いいたします。

受講料

無料(事前に申し込みが必要です)

申込方法(令和2年11月20日(金)必着)

①氏名・ふりがな ②電話番号 ③お住まいの区  を明記のうえ、電子メールまたはFAXでお申し込みください。お電話の場合は、①氏名 ②電話番号 ③お住まいの区をお伝えください。

申込先

神戸市危機管理室(〒650-8570住所不要)

犯罪被害者週間講演会係宛

TEL078-322-5171

FAX078-322-6031

電子メールhigaishashien@office.city.kobe.lg.jp

取材等について

講演者の取材につきましては、講演後に別室にて各社同時に受けさせていただきます。

写真掲載、講演会の録画を希望される場合は、講演者の顔が映らないようご配慮をお願いいたします。

チラシ

犯罪被害者週間講演会チラシ(PDF:5,415KB)

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

危機管理室地域安全推進担当 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所 危機管理センター2階