現在位置

ホーム > 記者発表2019年10月 > 神戸市犯罪被害者等支援制度の拡充について

更新日:2019年10月28日

神戸市犯罪被害者等支援制度の拡充について

ここから本文です。

記者資料提供(令和元年10月28日)
危機管理室

神戸市犯罪被害者等支援制度の拡充について

神戸市では、平成25年4月に「神戸市犯罪被害者等支援条例(以下「条例」という。)」を施行しています。

従来より、条例の趣旨等に基づき、犯罪被害者等が受けた被害の回復及び軽減のために日常生活の支援等、犯罪被害者等を支える社会意識の形成を図ってきたところですが、さらに経済的な支援も行うことにより、犯罪被害者の心に寄り添うことができる日本トップレベルの施策となるよう事業を進めるべく犯罪被害者等支援制度の拡充をいたします。

①新規メニューの実施時期

令和元年11月1日より

②拡充メニュー

 

内容

金額

具体的な施策内容

日常生活の支援

配食サービス費の補助

1日/1回(昼or夕)30日以内

1000円上限

犯罪により、日常生活に支障を来した被害者やその家族・遺族の居宅へ、食事の配達に係る費用の補助を行う。

住居復旧及び防犯対策費用の補助

実費の2分の1

上限30万円

自宅が犯罪の現場になった場合に、被害を受けた住居の復旧に係る費用や、防犯対策に係る費用の補助を行う。

一時避難に係る費用の補助

1人1泊

7000円上限

延泊7日分

兵庫県警が実施する一時避難場所の確保にかかる補助制度を受けている場合、必要に応じて延泊分の費用の一部を補助する。

経済的な支援

未解決事件の情報収集活動にかかるひょうご被害者支援センターへの支援

10万円

1事件・年

未解決事件の情報の提供を公衆に求める活動を行うための、資料の作成や配布に係る費用を補助する。

裁判手続に係る交通費の補助

実費上限10万円

(刑事・民事別)

裁判期日に出席(傍聴を含む。)する場合に要する交通費の補助を行う。

奨学金返還支援

犯罪被害者奨学金返還支援制度

返済額の2分の1

年上限30万円

合計150万円

犯罪被害により、親を亡くしたり、親もしくは本人が犯罪被害により重度障害が残ったことにより就労できなくなった場合に、経済的な支援として、大学等に通うための奨学金の返還の一部を支援する。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

危機管理室地域安全推進担当 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所 危機管理センター2階