現在位置

ホーム > 防災・安全 > 神戸市消防局 > 救急 > 思いがけないけがをなくすために(日常生活におけるけがの予防)

更新日:2020年12月3日

思いがけないけがをなくすために(日常生活におけるけがの予防)

ここから本文です。

  • [12月3日]令和2年度分を更新しました。

「日常生活におけるけが」とは、たとえば、家の階段から転落し骨折した、風呂場で滑って打撲した、子どもが熱湯でやけどをした、異物を喉に詰めたなど、日常生活を営む上で誰にでも起こりうるものです。

神戸市内において、日常生活におけるけがによる救急搬送者数は、年間約10,000人にも達します。これらのけがは繰り返し発生しているものや大けがに発展する可能性のあるものなどが多くあり、けがの未然防止、被害軽減のためにも、その予防対策を考えることは、現代社会において非常に重要なことです。

そこで神戸市消防局では、事故現場に出動して得られた情報をもとに、発生したけがの傾向と傾向から読み取れるけがの予防策をまとめた資料を作成しました。

この資料が市民の皆様の安全・安心を守る一助になれば幸いです。

更新情報(更新概要)

  • 閲覧しやすいように文字を大きくしました。
  • 予防策を神戸市消防局公認キャラクター「ピーポー」がご紹介するようにしました。
  • 統計情報を令和元年度の確定値(※熱中症の情報については令和2年度の情報)に変更しました。
  • 熱中症に関する予防方法を追記しました(梅雨明け前からの熱中症予防「暑熱順化」について、暑さ指数「WBGT」について)
  • ヒートショックに関して、論文の情報を元に予防方法等を追記しました。

※UP【令和2年版】思いがけない怪我をなくすために~日常生活における怪我の予防~【令和2年度版】思いがけない怪我をなくすために~日常生活における怪我の予防~(PDF:2,799KB)

お問い合わせ先

日常生活における怪我の予防に関すること

救急係 078-322-5751

急な病気やケガで病院?救急車?迷ったら!

#7119または078-331-7119にお電話を!
救急あんしんセンターこうべについてはこちらの画像をクリック

救急安心センターこうべをご紹介するページへのリンクバナーです。

お持ちのパソコンやスマートフォンから、24時間いつでも利用できる神戸市救急受診ガイドをご利用ください。
救急受診ガイドはいくつかの質問に回答することで簡単に緊急度が分かるツールです。
救急受診ガイドのご利用は、http://www.kyukyujushinguide.jp/kobe/を入力または下の画像をクリック

神戸市救急受診ガイドへのリンクバナーです。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

消防局警防部救急課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所4号館〔危機管理センター〕4階