更新日:2019年11月1日

救急救命士の処置範囲拡大

ここから本文です。

平成26年1月31日、厚生労働省から「救急救命士法施行規則の一部を改正する省令」等が公布され、平成26年4月1日から施行されました。これにより救急救命士の行う救命処置の範囲が拡大いたします。

  • 血糖測定と、低血糖発作症例へのブドウ糖溶液の投与の実施
  • 心肺機能停止前の重度傷病者に対する静脈路確保(血管内へ点滴や薬剤を投与する経路)及び輸液(点滴)

の2行為が追加されます。

1 運用開始

神戸市では、平成26年4月1日9時30分から運用を開始しています

2 処置内容

(1)血糖測定と低血糖発作症例へのブドウ糖溶液の投与

  • 救急救命士による血糖測定器を使用した血糖値の測定ア 処置の内容
    意識状態が悪くなってしまっている傷病者に対して血糖値の測定を行います。低血糖が確認された場合に、医師から電話等で指示を受け、ブドウ糖溶液を点滴から投与します。
  • イ 対象者
    • (ア)血糖値の測定
      以下の条件を全て満たす場合
      • 意識障害(自発的な覚醒がない状態)がある場合
      • 血糖測定を行うことで意識障害の鑑別や搬送先医療機関選定に有効であると判断される場合
    • (イ)低血糖発作症例へのブドウ糖溶液の投与
      以下の条件を全て満たす場合
      • 15歳以上(推定含む)である
      • 血糖値が50mg/dl未満である
  • ウ 効果
    血糖値を把握することで、適切な搬送先医療機関の選定を行うことができます。
    また、低血糖状態の傷病者にブドウ糖を投与することで、低血糖状態をより早く改善できる可能性があります。

(2)心肺機能停止前の静脈路確保と点滴投与

  • ア 処置の内容
    心臓が停止する危険性があるショック状態の傷病者や、身体が重いものに長時間挟まれ血液のめぐりが悪くなっている傷病者に点滴を行います。
  • イ 対象者
    以下の条件を全て満たす場合
    • (ア)15歳以上(推定含む)である
    • (イ)増悪するショック症状や、クラッシュ症候群が疑われる場合(心原性ショックが強く疑われる場合は除く)
  • ウ 効果
    • (ア)血圧の低下を防ぎ、ショック状態の進行を和らげることができます。
    • (イ)身体を長時間挟まれた傷病者が救出直後に重篤な病態をきたすクラッシュ症候群を予防できる可能性があります。

3 実施する救急隊

医師による講義処置拡大に必要な研修を受講した薬剤投与可能な救急救命士が乗務している救急隊。
(運用開始に先立ち、拡大行為について医師の講義を受講しました。)

お問い合わせ先

救急救命士の処置範囲拡大に関すること

高度救命推進係 078-325-8524
住所 〒650-8570
神戸市中央区加納町6-5-1
神戸市役所4号館〔危機管理センター〕4階

急な病気やケガで病院?救急車?迷ったら!

#7119または078-331-7119にお電話を!
救急あんしんセンターこうべについてはこちらの画像をクリック

救急安心センターこうべをご紹介するページへのリンクバナーです。

お持ちのパソコンやスマートフォンから、24時間いつでも利用できる神戸市救急受診ガイドをご利用ください。
救急受診ガイドはいくつかの質問に回答することで簡単に緊急度が分かるツールです。
救急受診ガイドのご利用は、http://www.kyukyujushinguide.jp/kobe/を入力または下の画像をクリック

神戸市救急受診ガイドへのリンクバナーです。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

消防局警防部救急課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所4号館〔危機管理センター〕4階