ホーム > 市政情報 > 記者発表2022年8月 > 『一秒でも早く救急車を届けたい』90秒のメッセージで伝えたい想い

最終更新日:2022年8月3日

『一秒でも早く救急車を届けたい』90秒のメッセージで伝えたい想い

ここから本文です。

記者資料提供(令和4年8月3日)

「一秒でも早く 救急車を届けたい」90秒のメッセージで伝えたい想い

 新型コロナウイルス感染症の急拡大や熱中症などを要因として、例年以上に救急要請が増えており、8月1日には過去最多の出動件数を記録しました(410件/日)。このように救急要請が多い状況が続くと、時には遠方の救急車を出動させることになり、現場に到着するまでに時間がかかる事案が発生しています。
 緊急性の高い方へ救急車を一秒でも早く届けるために、消防局では市民の皆様に救急車の利用に関するメッセージを込めた約90秒の動画をYouTubeで公開します。
 動画をご覧いただき、救急車の利用について、ご理解とご協力を頂きたいと考えています。

  1. 動画に関する情報
  • 公開先 神戸市公式YouTubeチャンネル、神戸市消防局公式SNSなど
  • 公開日・期間 令和4年8月3日(水曜日)15時00分から当面の間
  • 内 容 実際にあった救急事案を基に作成した約90秒のショートストーリーです。タレントの青木さやかさんに出演いただき、大変迫力のある印象に残る内容となっています。動画の末尾には、消防局から救急車の利用に関するメッセージを掲載しています。


2.青木さやか氏に関する情報
         aoki

(1)プロフィール

 ・名前:青木さやか 
 ・生年月日:1973年3月27日
 ・出身地:愛知県
 ・主な出演:TBS「恋は続くよ どこまでも」#3(2020)
 :NTV「ゆとりですがなにか」(2016)
 :「23階の笑い」演出、三谷幸喜(2020)など
(2)コメント
 過去に一度、救急車を利用する機会がありました。救急車を呼ぶというのは、私にとっては、よほどの時です。当初、息苦しさと意識が朦朧とするなか、救急隊員の方々が落ち着きながらもテキパキとした動きと声掛けにより、徐々に楽になっていきました。大変感謝しております。
 今、特にコロナ感染が増え、不安と体調不良を抱えながら救急車を呼ばれる方が多いのではないでしょうか。私が演じさせていただいた女性は実在されるようで驚きしかありませんでした。
 救急車は命を繋ぐためにあるものですが、どのタイミングで救急車を呼んでいいのか、個人的に難しいところではあると思っています。
 これを機会に一緒に考えてみるのはいかがでしょうか。ぜひとも、啓発動画をご覧ください。
 最後に、救急車を呼ぶか迷ったら♯7119のご利用をよろしくお願い致します。

3.参考
 救急搬送人員に占める軽症者の割合は常に5割を超えています。
 hyou

 7月に入り、救急出動件数及び救急搬送困難事案が急増しており、8月1日には過去最多の救急出動件数を記録しています。
hyou2

 

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 0570-083330 または 078-333-3330

このページの作成者

消防局警防部救急課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所4号館〔危機管理センター〕4階