現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2021年3月 > 全国初!牛乳パックで幅広い年代に熱中症予防を広報!

更新日:2021年3月25日

全国初!牛乳パックで幅広い年代に熱中症予防を広報!

ここから本文です。

記者資料提供(令和3年3月25日)

消防士もやっている!暑くなる前からの熱中症予防「暑熱順化」とは!?

牛乳パックで熱中症予防広報をしている写真です

このたび、株式会社共進牧場にご協力いただき、熱中症予防にも効果が期待できると言われる牛乳のパッケージ広報欄を利用し、熱中症予防広報を実施することとなりました。(全国初の取り組み※当局調べ)

共進牧場牛乳は、兵庫、大阪、京都などの近畿圏で販売されています。

広報のねらい

熱中症予防としては、夏に暑くなる前に、体を徐々に暑さに慣らし、暑さに強い体を作ること(暑熱順化)が重要です。暑熱順化は、「やや暑い環境」において「ややきつい」と感じる運動をすると効果があるとされています。さらに、運動直後30分以内に糖質とタンパク質を含んだ食品(例えば牛乳1~2杯)を補給することで、暑熱順化の効果が高まることが報告されています。出典元(環境省「熱中症環境保健マニュアル2018」)

そこで、幅広い年代に愛される牛乳で、暑くなる前の熱中症予防「暑熱順化」を広報します。

広報概要

実施期間

令和3年4月1日から10月頃(商品が売り切れるまで)

掲載商品

  1. 共進牧場牛乳1000ml※令和3年4月から8月末頃まで
  2. 共進3.5牛乳1000ml※令和3年4月から10月頃まで

掲載(広報)内容

熱中症予防についての注意喚起

販売本数

約500万本

販売場所

兵庫、大阪、京都など近畿圏の量販店等

暑熱順化とは?

暑い日が続くと、発汗量や皮膚血流量の増加、汗に含まれる塩分濃度の低下、血液量の増加、心拍数の減少等により、体がしだいに暑さに慣れ、暑さに強い体になります。こうした暑さに対する体の適応を暑熱順化といいます。暑熱順化は、気候の変化より遅れて起こりますので、夏、急激に暑くなった場合に熱中症になりやすいですが、暑くなる前に体作りをしておくことにより、熱中症が予防できます。詳しくは、消防局ホームページをご参照ください。https://www.city.kobe.lg.jp/a84309/bosai/shobo/ambulance/necchu.html

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

消防局警防部救急課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所4号館〔危機管理センター〕4階