現在位置

ホーム > 市政情報 > 市の広聴 > 対話フォーラム > 令和元年度対話フォーラム > 「神戸市留学生奨学金」奨学生との対話フォーラム

更新日:2019年11月1日

「神戸市留学生奨学金」奨学生との対話フォーラム

ここから本文です。

集合写真神戸市内の大学に在学する外国からの私費留学生30名に対する奨学金の支給式を行い、支給式終了後に、久元市長と来賓の有馬啓子さん((故)菅原一郎さんの親族)を囲んで、奨学生との懇談会を行いました。

開催日時

令和元年5月27日(月曜)10時~10時45分

会場

神戸市役所1号館14階大会議室

参加者

神戸学院大学、神戸国際大学、神戸市外国語大学、神戸大学、神戸山手大学、日本経済大学、兵庫県立大学の私費留学生 計30名

内容

奨学金支給証の交付

奨学金支給証の交付の様子神戸市内の大学に在学する外国からの私費留学生に対して、奨学金支給証を交付しました。
久元市長からは、「この奨学金が、みなさまの神戸での勉強、生活のお役に少しでも立てれば、主催者としてありがたく思います。それぞれの母国を離れて、神戸で勉強し、生活をする毎日は大変かと思いますけれども、ぜひそれぞれの志を実現することが出来るように、しっかりと神戸で勉強をしていただきたい。自分の得意分野、専門分野をしっかりと確立をし、その上でグローバルな社会で活躍ができるよう、自分を磨いていただきたい。」とエールを送りました。

奨学生代表のあいさつ

奨学生代表のあいさつの様子奨学生の代表者からあいさつがありました。あいさつでは、「来日した当初は、言葉の壁・生活費の捻出・価値観や文化の違いなどで大変なこともありましたが、困難を乗り越えながら学べることもたくさんあり、自分自身がかなり成長しました。将来振り返ってみると、この留学生活はきっと人生の中で、非常に大切な財産になるだろうと思っております。
私費留学生にとって生活と研究の両立は非常に難しいことですが、貴奨学金をいただくことによって、経済的な負担が軽減され、今まで以上に研究に打ち込むことができると思っております。これからも学業に専念し、将来はベルギーと日本の架け橋になることができるように頑張っていきたいと思います。
最後に、私たちのことを支えてくださっている関係者の方々に、改めて心からお礼を申し上げますとともに、今後も引き続き、ご指導ご鞭撻をいただきますようお願いいたします。」と感謝の気持ちを表されました。

懇談会

懇談会の様子1支給式終了後に、久元市長、有馬さんを囲んで、奨学生の皆さんと懇談会を行いました。奨学生からは災害対策、Wi-Fi環境の整備、イノシシ対策、外国人向けの多言語でのSNS等による情報発信、ゴミの分別ルール、神戸空港へのアクセスなど様々な質問や提案が出されました。久元市長が施策の背景や市の取り組みなどを紹介し、一人一人に回答しました。

懇談会の様子2

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314