現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2020年10月 > ノロウイルス食中毒警報・注意報について

更新日:2020年10月30日

ノロウイルス食中毒警報・注意報について

ここから本文です。

記者資料提供(令和2年10月30日)

趣旨

健康局では、冬期の食中毒の多数を占めるノロウイルス食中毒の予防のために、令和2年11月1日から令和3年3月31日をノロウイルス食中毒予防特別期間としています。

この期間中の取組みとして、ノロウイルス食中毒警報・注意報発令制度により、食品を取扱う施設の営業者等に対し、食中毒と感染症の2つの面を持つノロウイルスについて、より一層の注意を呼びかけます。

期間

令和2年11月1日から令和3年3月31日まで

対象

市内の食品取扱い施設3,501施設

内訳:集団給食施設(2,005施設)、仕出し・弁当調製施設(58施設)、旅館・ホテル(64施設)、寿司・生鮮魚介類提供店(54施設)、その他飲食店(500施設)、飲食店以外の施設(820施設)

発令基準等

警報・注意報の発令は、「神戸市感染症発生動向調査週報※1」で報告される感染性胃腸炎の定点あたりの患者数※2等を発令基準とします。

※1:「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」に基づく施策として位置づけられた調査です。感染症の発生情報の正確な把握と分析を行い、感染症の発生及びまん延の防止を目的として、その情報を公表しています。

※2:定点あたり患者数とは、一週間に一つの定点からどのくらい患者の報告があったかを表す数値で、この数値によって地域における感染症の流行状況が把握できます。

(1)注意報

定点あたりの感染性胃腸炎患者数が10名以上となった場合、その週の金曜日の午前10時に発令し、3月31日まで継続します。

(2)警報

保健所長が特に必要と認めた場合に発令します。なお、発令日及び有効期限は、保健所長が決定します。

ノロウイルス食中毒警報・注意報伝達手段

ノロウイルス食中毒警報・注意報の発令時には、各衛生監視事務所等の関係機関を通じて、市内の食品取扱い施設等に伝達します。

情報伝達を希望される事業者の皆さんへ

市内5か所の衛生監視事務所から情報を伝達します。施設所管の衛生監視事務所までご相談下さい。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

健康局生活衛生課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館6階