現在位置

ホーム > 健康・医療・福祉 > 健康・医療 > 生活衛生 > 生活環境 > 外来アリ情報

更新日:2020年8月11日

外来アリ情報

ここから本文です。

ヒアリ・アカカミアリについて

「ヒアリ」は小型のアリで、腹部が濃く黒っぽい赤色をしています。体長は2.5mm~6mmと大きさにバラつきがあり、土でアリ塚を作って住むことも「ヒアリ」の特徴です。また、刺されると火傷のような激しい痛みが生じます。
「アカカミアリ」はヒアリに似ていますが、毒の強さはヒアリほどではないとされています。体長は3~5mmで、赤褐色の小型のアリです。
平成29年6月18日、ポートアイランド(第2期)のコンテナヤードで「ヒアリ」が、6月21日には同じコンテナヤードで「アカカミアリ」が確認され、殺虫剤による緊急駆除が行われました。

ヒアリ・アカカミアリに関する全般的なお問い合わせ窓口

神戸市総合コールセンター Tel:078-333-3330(年中無休8時00分~21時00分)

アルゼンチンアリについて

もともとは南米原産のアリですが、物流などにより世界中に広まっています。国内では、平成5年に広島県廿日市市で発見され、現在では港湾都市や住宅街など各地に生息が確認されるようになってきました。神戸市では、平成11年以降に、ポートアイランドを中心に生息が確認されています。

体長2.5~3.0mm程度のごく小さなアリですが、大量の個体がせわしなく行列を往来する特徴があります。家の中に入り込むこともあり、その数の多さで人に不快感や恐怖感を与えます。
農業への被害や、生態系へのダメージを与えるともいわれています。
(写真提供:環境省)

アルゼンチンアリの被害を防ぐには

巣をつくらせない

アリの巣というと、土の中深くというイメージがありますが、アルゼンチンアリの巣は、人手が入った場所・物の隙間などの色々なところにできます。巣をつくらせないために、地面には直接物を置かず、コンクリートやブロック塀などの割れ目はできるだけ塞ぎましょう。

エサをあたえない

アルゼンチンアリは雑食性で、なんでもエサにして食べてしまいます。室内に食べ物を放置するのは控えましょう。エサを探しにきている迷いアリ(偵察アリ)は、見つけ次第すぐに駆除しましょう。

アルゼンチンアリでお困りの方へ(殺虫剤の使い方)

アルゼンチンアリ対策の殺虫剤は、ホームセンターや薬局で購入できます。殺虫剤は効きますが、数が多いので、使い方を工夫しましょう。

巣ごと駆除したいとき:地域ぐるみで取り組むと効果的です!気長に取り組みましょう!

ベイト剤

殺虫剤入りのエサを、巣に持ち帰らせることで、巣全体のアリを殺虫しようというものです。巣を丸ごと駆除したいとき、大きく個体数を減らしたいときに有効です。

液体型殺虫剤

巣やアリの行列に直接まくと、アリ同士が体を舐めあうことで、巣全体のアリに作用するものです。屋外での使用に適しています。

アリの侵入を防ぎたいとき

粉末型殺虫剤、スプレー型忌避剤

建物の中に侵入してこようとするアリを防ぐときに有効です。

目の前のアリを駆除したいとき

スプレー型殺虫剤

巣全体の駆除にはむきませんが、目の前のアリについては即効性がありよく効きます。壁などの隙間にできた巣にも有効です。

(参考)特定外来生物

アルゼンチンアリ、ヒアリは、特定外来生物に指定されており、飼育や移動などが禁止されています。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

健康局環境衛生課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館6階