現在位置

ホーム > 健康・医療・福祉 > 健康・医療 > 生活衛生 > 食品衛生 > 食品の出前・テイクアウトに注意しましょう

更新日:2020年5月13日

食品の出前・テイクアウトに注意しましょう

ここから本文です。

飲食店で出前(デリバリー)・テイクアウトを始める方へ

食品の出前やテイクアウトは調理から喫食までの時間が長くなるため、食中毒のリスクが高まります。そのため、出前やテイクアウトによるによる食品の提供は食中毒のリスクを充分に理解した上で行うことが重要です。食中毒予防の3原則(つけない、ふやさない、やっつける)の徹底とともに、以下の点に注意し、食中毒を予防しましょう。

なお、当日の販売を見込んであらかじめ調理する際には、構造設備の追加や飲食店営業以外の営業許可、表示が必要な場合がありますので、詳細は施設を管轄する衛生監視事務所あてお問い合わせください。

食品の調理・販売時の注意点

  1. 食品の調理は、設備や人的能力等に応じた範囲で行い、許容量を超えないよう注意する。
  2. 注文を受けてから調理を行う。
  3. 加熱調理後の食品はすぐに届ける。
  4. 熱いものと冷たいものは別々の容器に盛り付ける。
  5. 充分に加熱された食品を提供し、生ものや半生など加熱が不充分な料理の提供は避ける。
  6. 購入者へはできるだけ早く食べてもらうよう伝える(目安は調理後2時間以内)。
  7. 購入者に対しアレルギー物質、消費期限、保存方法等の情報を確実に伝える。

店頭やインターネットで食品を販売する際には、売るだけで許可が必要なもの(例:食肉類、魚介類、乳類)や、高度な衛生管理(許可、資格、区画や設備の追加等)が必要なもの(冷凍食品、食肉製品、真空パック)がありますので、必ず衛生監視事務所あてご確認ください。

takeoutomise

飲食店向けリーフレット(PDF:1,793KB)

各衛生監視事務所の連絡先及び所在地

飲食店の出前(デリバリー)・テイクアウトで購入する方へ

新型コロナウイルス感染症の影響で、出前やテイクアウトを利用する機会が増えています。飲食店で食べる場合と違い、調理から食べるまでの時間が長くなります。食べるまでに時間がかかると、細菌が増殖してしまい食中毒になるリスクが高くなります。

  1. 出前やテイクアウトで頼んだ食品はすぐに食べましょう。
  2. 一回で食べ切れる量だけ注文しましょう。
  3. 食べ残しは取っておかないようにしましょう。
  4. どうしても取っておく場合は、箸をつける前に容器に取り分け、蓋をして冷蔵庫へ、食べるときは必ず充分に再加熱しましょう。

takeoutsimin

購入者用リーフレット(PDF:1,308KB)

食品をデリバリーする方へ

食品の配達時は温度管理を徹底し、購入者がすみやかに食べることができるよう配達しましょう。

  1. 容器の破損等により食品が汚染されることのないよう適切に取扱う。
  2. 運搬容器や車両を清潔にしておく。
  3. 保冷ボックスなどを用い、直射日光を避けるなど、食品の温度管理を徹底する。
  4. 食べる時間を考慮し、配送時間が長時間に及ばないようにする。

takeouthaitatsu

配達員用リーフレット(PDF:1,189KB)

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

健康局生活衛生課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館6階