現在位置

ホーム > 健康・医療・福祉 > 健康・医療 > 生活衛生 > 食品衛生 > 飲食店の監視や食品の検査を行う市内の機関

更新日:2019年11月1日

飲食店の監視や食品の検査を行う市内の機関

ここから本文です。

神戸市では、食品衛生の確保のため、衛生監視事務所・食品衛生検査所・食肉衛生検査所・環境保健研究所といった実施機関が密接に連携しながら安全な食品の流通の確保、食品衛生の向上、市民の安全・安心の確保に努めています。

衛生監視事務所

市内5箇所にあり、食品関係施設の営業許可や食品取扱い施設の監視、食品の抜き取り検査を行うなど、市内を流通する食品の安全確保を行っています。また、市民や事業者からの食品に関する相談や問い合わせなどの対応を行っています。

食品衛生検査所

せり開始前の早朝から市場内を巡回して、食品が衛生的に取扱われているか、温度管理の状況、有毒魚介類の排除、表示の確認などを行い、安全な食品の流通を確保します。また、市場内の施設に対して、施設の拭き取り検査、農産物の残留農薬検査や魚介類の微生物検査など食品の抜き取り検査を行うことにより中央卸売市場を流通し、あるいは市場内で製造・加工される食品の安全・衛生を確保しています。

食肉衛生検査所

神戸市食肉センターと三田食肉センターに搬入される牛、豚について、疾病又は異常の有無について1頭ごとに、生体から内臓・枝肉のすべてについて検査を実施しています。また、BSE感染源のおそれのある特定危険部位の確実な除去及びBSEスクリーニング検査を実施することで、安全な食肉の流通を確保しています。

環境保健研究所

衛生監視事務所が抜き取りを行った食品や苦情食品、食品衛生法違反のおそれがある食品について、安全確認のための検査を実施しています。また、食中毒事件の原因究明のために食品や便について細菌やウイルスの検査を実施しています。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

健康局生活衛生課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館6階