現在位置

ホーム > 健康・医療・福祉 > 健康・医療 > 生活衛生 > 食品衛生 > 市民からの放射性物質検査相談

更新日:2019年11月1日

市民からの放射性物質検査相談

ここから本文です。

  • [1月18日]検査結果を更新しました。

検査結果

これまでの検査結果
NO. 結果判明日 品目 産地 検査結果
1 平成25年1月17日 精米 - 検出せず
(25Bq/kg未満)
2 平成25年9月4日 精米 福島県 検出せず
(25Bq/kg未満)
3 平成25年12月19日 クルミ 宮城県 *検出せず
(30.6Bq/kg未満)
4 平成26年2月24日 サツマイモ 茨城県 検出せず
(25Bq/kg未満)
5 平成27年7月13日 ジャガイモ 群馬県 検出せず
(25Bq/kg未満)
6 平成27年10月26日 玄米 群馬県 検出せず
(25Bq/kg未満)
7 平成28年11月25日 玄米 山形県 検出せず
(25Bq/kg未満)
8 平成29年1月16日 玄米 宮城県 検出せず
(25Bq/kg未満)

〈検査結果の見方〉
「検出せず」とは測定下限値未満のことです。()内の数字が測定下限値(測定できる最小の値)です。
*印のついているものについては検体量の不足により、参考値となります。

検査の相談受付

対象食品

基準値が100Bq/kgである「一般食品」のうち、基本的に福島第一原発事故に伴う放射性物質汚染の可能性がある東日本の地域で生産等された農畜水産物又はその加工品

これ以外の食品(「乳児用食品」、「牛乳」、「飲料水」)や土壌、飼料、肥料、工業製品等は対象外です。

原則として福島第一原発事故に伴う放射性物質汚染の可能性がある東日本の地域で生産等された農畜水産物またはその加工品を対象とします。
ただし、明らかに当該事故の影響がないと考えられる食品(輸入食品や原発事故以前に生産等された食品等)は対象外です。

対象者

神戸市内に在住の方に限ります。
事業者等が商取引上での必要で行うもの、個人であっても調査研究等が目的と思われるものについては対象外です。

相談受付窓口

住所地所管の各衛生監視事務所

検査方法

「食品中の放射性セシウムスクリーニング法」(厚生労働省策定)によります。
スクリーニング検査の結果、基準値を超える可能性がある場合は、Ge半導体検出器により精密検査を実施します。

注意事項

検査には、粉砕した状態で500ml以上の検体が必要です。
このため、窓口には十分な量を持参してもらう必要がありますので、事前に各衛生監視事務所に電話で相談をするようお願いします(検体を粉砕して持参する必要はありません)。

配備している検査機器

ヨウ化ナトリウム(NaI)シンチレーションスペクトロメータによる放射能測定システム一式
ガンマデータ・インストゥルメント社(スウェーデン)製
厚生労働省が定めた「食品中の放射性セシウムスクリーニング法」に適合した機器(検出限界は25Bq/kg)。消費者庁(独立行政法人 国民生活センター)から神戸市が貸与を受けたもの。

リーフレット

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

健康局生活衛生課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館6階