現在位置

ホーム > 健康・医療・福祉 > 健康・医療 > 生活衛生 > ペット(動物愛護・動物衛生) > ワンニャン譲渡制度のご案内

更新日:2020年6月30日

ワンニャン譲渡制度のご案内

ここから本文です。

動物管理センターで飼養保管している譲渡対象の犬猫と、犬猫を飼いたい方が直接お見合いして、譲渡を決めていただく事業です。譲渡を受けるには、一定の条件と書類審査、訪問調査、譲渡前講習会の受講が必要となります。

〔譲渡される犬猫〕

  • 子犬の場合は、雑種の中型(体重10kg以上)になる犬がほとんどです。
    純血種の犬の場合、多くが成犬(1~8歳程度)となります。
  • 猫の場合は、ほとんどが雑種です。

犬を飼いたい方猫を飼いたい方

お知らせ(見学会及び譲渡前講習会ついて)

  • 7月から、毎週土曜、日曜に見学会を開催します(平日は月曜、水曜、木曜のみ開催)。
  • 7月~9月の譲渡前講習会の日程が決定しました。
  • ご参加の際は、マスク着用のうえ、できるだけ少人数でお越しいただくなど、新型コロナウイルス感染症拡大防止へのご配慮をお願い致します。

譲渡会の開催場所

動物管理センター
〒651-1102 神戸市北区山田町下谷上字中一里山14-1
電話 741-8111 FAX 741-8035

動物を飼う前に考える10のポイント

飼ってしまってから「こんなはずじゃなかった」とあわてても間に合いません。動物を飼う前に、次の10のポイントについて考えてみましょう。

あなたの住まいは動物を飼える住居ですか?引越しや転居の予定はありませんか?

あなたの住まいが動物を飼える住居であることは必要不可欠です。集合住宅でも最近は動物の飼育が可能な住宅が増えてきていますが、その場合でも、規約等で飼える動物の種類、大きさ、頭数などが定められていることがほとんどです。借家等の場合は、所有者の許可が必要です。持ち家の場合であっても、広さや家屋の状態に合わせて動物の種類や数を考えなくてはなりません。
今の住居が動物を飼える環境だとしても、引越しや転勤の予定があるなら慎重な判断が必要です。

あなたの飼いたい動物は、あなたの家庭環境やライフスタイルに合っていますか?

あなたはどんな家庭環境やライフスタイルを持ち、どんな目的で動物を飼うのでしょうか?動物は種によって生態や必要な世話が大きく異なりますし、犬やねこのように人が時間をかけて目的別に多くの品種を作り出してきた動物では、品種によっても大きく違ってきます。
見た目やイメージに惑わされることなく、自分のライフスタイルと目的にあっているか、冷静に判断してください。

あなたの家族は全員動物を飼うことに同意していますか?

動物を飼うのに、家族の理解と協力は不可欠です。あなたが突然の病気やアクシデントに見舞われたときも、家族が協力してくれれば切り抜けることができます。動物を飼うには、家族のメンバー全員が動物好きで、飼うことに同意している必要があります。

家族に動物に対するアレルギーを持っている人はいませんか?

動物を飼い始めたら、喘息や皮膚の湿疹など、家族にアレルギー症状が出たというケースがあります。家族にアレルギー体質の人がいる場合は、動物の毛やふけ、排泄物などにアレルギー反応を起こす可能性があるので、飼う前に医師に相談するなど慎重な判断が必要です。

毎日欠かさず世話に時間と手間をかけられますか?

動物は生きていくための全てをあなたに依存しています。毎日の食餌、排泄物の始末、清掃、運動、散歩や遊び、しつけ、健康管理などしなくてはならないことはたくさんあり、これらをこなす時間と体力が必要になります。

あなたの体力で世話ができる動物ですか?

例えば、二人暮らしの熟年夫婦が、新しい家族として動物を飼うような場合は、自分たちが歳を重ね、動物も老いた時の世話やその介護のことも考えて、種類や大きさを選んでください。子どもにせがまれてという場合は、子どもの進学、就職、転居などで、結局は親が世話をすることになるケースが多々ありますから、そのこともよく考える必要があります。
癒しやかわいさなど動物から得られるものばかり期待して、世話は面倒だと思うのなら、動物を飼い始めるべきではありません。
また、災害等の万一のときに連れて避難できる数以上の動物を抱え込まないようにすることも大切です。

近隣に迷惑をかけないように配慮できますか?

動物による、鳴き声、臭い、糞の放置は、多くの地域で近隣トラブルの元となっています。近隣に迷惑をかけないために、動物やその飼育環境を清潔に保ち、適切なしつけや防音対策などもしなくてはなりません。

動物の一生にかかる費用を考えてみましたか?

動物を飼うにはお金がかかります。

  • 食費
    動物の生理にあった食餌を与えなくてはなりません。病気や高齢になったときなどには特別な食餌が必要になります。
  • 用品、設備費
    首輪や食器、ケージなどの用品や犬小屋、サークルといった設備費がかかります。初期費用だけでなく、買い替え、修理費、光熱費、水道代など維持管理にかかる費用も考えてください。
  • 健康管理費
    病気やケガ際の治療費だけでなく、ワクチン接種、フィラリアなど各種病気の予防、定期的な健康診断、不妊去勢手術などの医療費がかかります。さらに種類によっては定期的なトリミング(毛のカット)や爪や歯の手入れ等の費用がかかります。

生涯にわたる計画をたててみましたか?

生涯とは、動物の生涯とともに、あなたの生涯のことも含まれます。犬ねこは十数年以上生きます。ペットが高齢になったときの介護のことも考えておかなくてはなりません。

万が一、飼えなくなったときのことを考えていますか?

就職、進学、転居、結婚、出産など、人生には様々な転機があります。将来予測できる生活の変化があった時に動物を飼い続けることができるか、よく考えてみてください。また、あなたが突然入院してしまったり、最悪の場合亡くなってしまうなど、不幸なアクシデントもあるかもしれません。代わりに飼ってくれる人を見つけておくなど、万一のとき、あなただけを頼りとして生きている命をいかに守ってやるかも考えておくべきことといえるでしょう。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

健康局生活衛生課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館6階