現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2020年7月 > 神戸ローストショコラ「かくれねこニャンペーン」を通じた神戸市への寄付

更新日:2020年7月1日

神戸ローストショコラ「かくれねこニャンペーン」を通じた神戸市への寄付

ここから本文です。

記者資料提供(令和2年7月1日)

趣旨

神戸市では、平成29年4月に「人と猫との共生に関する条例」を制定し、人と猫が共生できる街づくりを推進しています。殺処分になってしまう野良猫をこれ以上増やさないために、野良猫の不妊手術や譲渡事業に取り組んでいます。
この度、包括連携協定を締結している江崎グリコ株式会社と連携し、「神戸ローストショコラ」を通じたSNS投稿によるキャンペーンを実施しましたところ、当初の予想を大幅に上回る16,047件の投稿をいただきました。キャンペーンの結果として、江崎グリコ株式会社より22万円の寄附をいただきましたのでお知らせします。

使途

ミルクボランティア猫の写真今回いただきました寄附金は、譲渡犬猫の健康管理や離乳前の子犬、子猫を育成するミルクボランティア事業などを使途とする「動物愛護支援事業」に活用されます。
(令和元年度の譲渡犬猫頭数:犬63頭、猫237頭。ミルクボランティアにより育成された子猫158頭)
皆様のご支援に感謝し、今後も犬猫の譲渡を増やし、殺処分を減らす取り組みを一層進めてまいります。

神戸ローストショコラ「かくれねこニャンペーン」とは

令和2年2月18日から4月30日までの間、江崎グリコ株式会社が神戸のチョコレート工場で独自製法により製造する大人のためのひとくちチョコレート「神戸ローストショコラ」について、パッケージのいたるところに猫が隠れている遊び心満載のデザインの商品を数量限定で販売しました。また、同期間中に購入者がSNSにより隠れている猫の写真やイラストなどを投稿すると、1投稿につき22円(上限金額:22万円)が江崎グリコ株式会社より神戸市「動物愛護支援事業」に寄付されるキャンペーンを実施しました。投稿された写真やイラストは、かくれねこニャンペーンWEBサイトよりご覧いただけます。
≪かくれねこニャンペーンWEBサイト:https://cp.glico.com/kobe-neko/※投稿期間は終了≫
投稿では、「神戸ショコラにゃんこバージョン可愛いです。人と猫が共生できる街づくりいいですね。」といった激励のお声もいただきました。

神戸ローストショコラキャンペーンサイト

 

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

健康局生活衛生課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館6階