現在位置

ホーム > ビジネス > 各種届出・規制等 > 建築住宅局 > 建築指導部 > 建設リサイクル法による届出

更新日:2020年7月20日

建設リサイクル法による届出

ここから本文です。

 

新型コロナウイルスの感染拡大防止に向けたご案内

窓口にご来庁いただかなくても、当面の間、以下の申請・届出等につきましては、郵送により手続きが可能です。

不要不急の外出を控えていただくためにも、郵送手続きをご活用ください。

郵送受付の開始について(臨時措置)(PDF:520KB)

0.建設リサイクル係移転(令和元年8月19日(月曜日)以降の業務ビル)のお知らせ

20190930_4.jpg(JPG:201KB)建設リサイクル係移転(令和元年8月19日(月曜日)以降の業務ビル)のお知らせ(PDF:447KB)

1.建設工事に係る資材の再資源化等に関する法律(建設リサイクル法)

特定の建設資材について、分別解体等及び再資源化等を促進するための措置を講ずるとともに、対象となる建設工事については工事内容を事前に届け出なければなりません。(平成14年5月30日施行)

建設リサイクル法の対象となる工事

特定建設資材(「コンクリート」「コンクリート及び鉄から成る建設資材」「アスファルト」「木材」)を用いた建築物等に係る解体工事又はその施工に特定建設資材を使用又は排出する新築工事等のうち、次の規模の基準以上の工事

工事の種類一覧
工事の種類 規模の基準
建築物の解体工事 床面積の合計80平方メートル
建築物の新築・増築工事 床面積の合計500平方メートル
建築物の修繕・模様替え(リフォーム)工事 請負金額1億円(消費税込み)
建築物以外のものに係る全ての工事(土木工事全般・建築工作物・電気機械設備・プラント等) 請負金額500万円(消費税込み)

神戸市域の対象工事の発注者は、建設リサイクル法の規定に基づき、民間工事については工事に着手する7日前までに届出を、公共工事については工事の着手前までに通知をする必要があります。
※実際に現場で工事を始めたら(工事のための必要な仮設・掘削・内装解体等を含む)工事着手となります。

2.建設リサイクル法第10条に定める届出(民間工事)

  • (1)届出時期:工事着手の7日前まで
    ※実際に現場で工事を始めたら(工事のための必要な仮設・掘削・内装解体等を含む)工事着手となります。
  • (2)提出先:神戸市建築住宅局建築指導部建築調整課建設リサイクル係
    なお、郵送による届出は受け付けられませんのでご注意ください。
  • (3)届出者:発注者本人または委任を受けた代理人(委任状が必要)です。
  •  ※発注者、自主施工者、元請企業の社員の方であっても、委任状に記載のない方は代行者となり、その方の印鑑では訂正できません。(発注者、自主施工者の印鑑または委任状を用意してください。)
  • (4)提出部数:2部提出して下さい。受付印を押印したのち1部を、届出済シールと共にお返しします。
  • (5)届出後について:届出を受理した日から7日以内に市より変更その他必要な措置に関する連絡がなければ、工程通り着手していただいて結構です。(特に書類による通知はありません。)
  • (6)必要書類-
    所定の様式に、案内図、工程表などを添付してください。

図書の閲覧について

建設リサイクル法第10条に基づく解体工事に係る届出のうち、届出者が法人である届出書の一部を窓口で閲覧していただけます。

3.建設リサイクル法第11条に定める通知(公共工事)

必要書類

 

様式(入力用)

注意事項

通知書(様式第6号)

様式(Excel形式)(EXCEL:117KB)

令和2年4月1日付新様式

再生資源利用【促進】計画書
 

建設リサイクル報告様式(Excel形式)(国土交通省外部リンク)

【随時更新されるため、最新版をご利用下さい。】

建設リサイクル報告様式マニュアル

再生資源利用【促進】計画書は、国土交通省「建設リサイクル報告様式」もしくは、(一社)日本建設情報総合センター(JACIC)が運営するCOBRIS(コブリス)を用いて作成してください。

付近見取図

様式自由

工事発注図、住宅地図など現地の場所が分かるもの。

工程表

様式自由

着手予定日を明確にする。

 

工事完了後について(神戸市発注工事のみ)

必要書類(神戸市発注工事のみ)

 

様式(入力用)

注意事項

再生資源利用【促進】実施書

建設リサイクル報告様式(Excel形式)(国土交通省外部リンク)

【随時更新されるため、最新版をご利用下さい。】

建設リサイクル報告様式マニュアル

再生資源利用【促進】計画書は、国土交通省「建設リサイクル報告様式」もしくは、(一社)日本建設情報総合センター(JACIC)が運営するCOBRIS(コブリス)を用いて作成してください。

リサイクル阻害要因説明書

様式(Excel形式)(EXCEL:53KB)

特定建設資材廃棄物、建設汚泥、建設混合廃棄物、建設発生土において再生資源利用促進率が100%未満(搬出先の種類で、9.内陸処分、7.単純焼却などを選択)の項目がある場合に作成して下さい。

令和2年4月1日付で建設副産物対策特記仕様書を改訂し,「リサイクル阻害要因説明書」を新設し,「行動状況確認書」を廃止しました。今後、行動状況確認書の提出は不要です。リサイクル阻害要因確認書の提出の要否は、当該工事の特記仕様書を確認して下さい。

【参考】行動状況確認書-施工-作成の考え方・記入例(PDF:248KB)

4.建設リサイクル法Q&A

建設リサイクル法のQ&Aを掲載しています。
内容に関して、今後必要に応じて変更される場合があります。

神戸市「建設リサイクル法」事務処理要領(令和2年3月23日改正)

平成27年1月5日付で、『神戸市「建設工事に係る資材の再資源化等に関する法律」事務処理要領』(略称:神戸市「建設リサイクル法」事務処理要領)を施行しました。

5.建設リサイクル係窓口案内

所在地 神戸市中央区浜辺通2-1-30
三宮国際ビル5階 建築住宅局建築指導部建築調整課
電話番号 078-595-6549(直通)
FAX 078-595-6663
窓口受付時間 8時45分から12時と、13時から17時30分まで
※土曜・日曜・祝日・年末年始(12月29日~1月3日)は除く

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

建築住宅局建築指導部建築調整課 

〒651-0083 神戸市中央区浜辺通2-1-30 三宮国際ビル5階