現在位置

ホーム > 防災・安全 > 神戸市消防局 > 消防の概要 > 消防署 > 須磨消防署 > 須磨消防署 査察係

更新日:2021年1月15日

須磨消防署 査察係

ここから本文です。

須磨査察

査察係からのお知らせです!irasuto

消防法令等に基づく制度・届出等のお役立ち情報をご紹介します。ご不明な点につきましては、下記担当までお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせは、平日の8時45分~17時30分でお願いします。

≪担当≫
●神戸市須磨消防署(本署) 査察係
電話 735-0119(代) FAX 734-4119 E-mail fb_suma_sasatsu@office.city.kobe.lg.jp
〒654-0035 神戸市須磨区中島町1-1-1

1 防火管理者と消防計画について

建物の収容人員によっては、防火管理者(要資格)が必要となることがあります。
建物の用途によって、防火管理者が必要な収容人員が10人以上・30人以上・50人以上とかわってきます。
なお、防火管理者は消防計画を作成する必要があります。
また、不特定多数の人が出入りする建物(収容人員が300人以上)の防火管理者に選任されている方は、防火管理再講習を受講する必要もあります。
届出様式・記入例を記載しますので、ご活用ください。なお、消防計画については、この様式を必ず使用してくださいというわけではありません(あくまで例です)。
「防火管理者選任届」提出時には、資格証の持参、またはコピーの添付をお願いします。

⇒防火管理講習は、”防火管理講習のご案内”をご確認ください。

2 消防訓練について

防火管理者は、消防計画を作成するとともに、消防訓練(消火、通報及び避難)を実施しなければなりません。
建物の用途によって回数の違いがありますが、不特定の方が入られる建物は、消火及び避難訓練を年2回以上実施しなければなりません。訓練を実施する際には事前に消防署への届出・通報等をお願いします。

電子申請を活用して手軽に届出してみましょう!

3 防炎対象物品等について

不特定の方が入られる建物や高層建築物等で、カーテンやじゅうたん等を使用される場合は、防炎性能を有するものを使用しなければなりません。
また、ホテルや福祉施設等の所有者の方々は、建物で使用される寝具類についても、防炎性能を有するものを使用するよう努めなければならないと、神戸市火災予防条例で定められています。

 神戸市火災予防条例第50条の10の4 令別表第1(5)イ並びに(6)項イ、ロ及びハに掲げる防火対象物又は同項(5)項イ若しくは(6)項イ、ロ若しくはハに掲げる防火対象物の用途に供される部分において使用する寝具類については、防炎性能を有するものを使用するように努めなければならない。

4 消防用設備点検結果報告について

消防法令等で設置義務がある消防用設備等(消火器など)は半年に1回点検し、1年(または3年)に1回、消防署長あて消防用設備等点検結果報告書(様式が定められています。)で報告する必要があります。
また、建物の用途により、1年に1回か、3年に1回と報告期限に違いがあります。留意点はこちらを参照してください。

点検アプリQR

5 防火対象物点検結果報告について

不特定多数の人が出入りする建物(収容人員が300人以上)や、階段が屋内に1つで地階や3階以上の階に不特定の人が入るような建物は、上記消防用設備等の点検とは別に、防火対象物点検を実施し、1年に1回消防署長あて、防火対象物点検結果報告書(様式が定められています。)で報告することが必要となることがあります。

⇒防火対象物点検結果報告書の様式はこちら

6 防火対象物使用開始届出書について

建物またはその部分を新築または改装等して使用する方は、使用開始の日の7日前までに、防火対象物使用開始届出書を届け出て、消防の検査を受ける必要があります。
特に建物の用途が変更となる場合は、新たな消防用設備等が必要となる場合がありますので、事前に消防署へ相談してください。

⇒届出書用紙はこちら“5-11 防火対象物使用開始届出書”を使用してください

⇒使用開始届出書(テナントの場合)の記入例はこちら(WORD:64KB)

⇒使用開始届出書(テナントの場合)の記入例はこちら(PDF:157KB)

7 危険物等の貯蔵・取扱い等について

危険物にはそれぞれ指定数量が定められており、これらの数量以上の危険物を貯蔵・取扱い等する場合は、許可もしくは承認が必要となります。
なお、指定数量の5分の1以上指定数量未満の危険物を貯蔵・取扱い等する場合は、少量危険物として神戸市火災予防条例の規制を受けることとなります。
また、その他火災が発生した場合に、消火活動が著しく困難なもの(指定可燃物)を大量に貯蔵・取扱い等する場合は、神戸市火災予防条例の規制を受けることとなります。
詳細は、須磨消防署(本署)の担当までお問い合わせください。
※危険物取扱者(保安)講習
危険物施設において取扱作業に従事している方は、危険物の取扱作業の保安に関する講習を3年以内に1回受講しなければなりませんので、ご注意ください。

⇒届出書用紙はこちら“神戸市火災予防規則”欄からダウンロードしてください

8 防災DVDの貸し出し等について

神戸市消防局では防災DVD等を所有しており、神戸市内の事業所等へ貸し出しもしておりますので、防災教育等にご活用ください。
ただし、ご希望に沿えない場合もございますのでご了承ください。

⇒防災DVDリスト一覧はこちら(EXCEL:32KB)

⇒防災DVDリスト一覧はこちら(PDF:278KB)

⇒防火教材借用申請書はこちら(EXCEL:33KB)

⇒防火教材借用申請書はこちら(PDF:128KB)

9 各種届出用紙等について

神戸市内の消防署に提出する各種申請書、届出書、申込書等の一部はダウンロードできますので、ご活用ください。

⇒各種申請書、届出書、申込書等はこちらから

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

消防局須磨消防署総務査察課 

〒654-0035 神戸市須磨区中島町1-1-1