現在位置

ホーム > ビジネス > 各種届出・規制等 > 建築住宅局 > 建築指導部 > 建築指導部の取組み > 指定確認検査機関への指導

更新日:2019年11月1日

指定確認検査機関への指導

ここから本文です。

神戸市では、平成19年度から、各年度において、市内で確認検査業務を行ったすべての指定確認検査機関(以下、「指定機関」といいます。)への立入検査を実施し、確認申請図書の点検を行うとともに、平成20年度からは、指定機関の実施する中間、完了検査現場への立会調査を開始し、適正な確認検査業務の実施を指導しています。
なお、立入検査や立会調査等において、建築基準法や確認審査指針等に照らして不適切な確認検査がみとめられた場合は、指定機関に対し、的確な確認検査の実施を指示しています。
また、立入検査や立会調査のほか、指定機関の確認検査技術の向上や、神戸市における確認検査時の留意点等の情報提供のため、確認検査員研修や連絡調整会議などを実施しています。

立入検査、立会調査

(1)立入検査

指定機関の事務所に立ち入り、確認申請図書の点検や関係者へのヒアリングを行います。

実施状況

年度 指定機関数 点検図書数
19 22 709
20 19 446
21 20 365
22 21 477
23 20 550
24 22 598
25 23 632
26 24 596
27 22 603
28 22 636
29 20 412
30 20 363

(2)立会調査

指定機関が行う中間、完了検査の現場に立ち会い、業務の実施状況を調査します。

実施状況

年度 指定機関数 立会回数
20 10 12
21 20 54
22 19 45
23 20 70
24 22 87
25 23 79
26 22 62
27 21 70
28 19 52
29 9 13
30 10 10

指定機関に対する指示等

指定機関の不適当な確認検査がみとめられた場合は、建築基準法第77条の32第2項にもとづき、指定機関に対し、確認検査の適正な実施のために必要な措置をとるべきことを指示します。また、建築物の計画が建築基準関係規定に適合しないとみとめるときは、建築基準法第6条の2第11項にもとづき、当該計画の確認済証の取り消し処分を行います(これを「不適合通知」といいます。)

指示状況

年度 指定機関数 指示件数
21 5 6
22 7 7
23 3 3
24 4 4
25 0 0
26 2 2
27 2 2
28 2 2
29 0 0
30 4 4

不適合通知状況

年度 指定機関数 指示件数
21 0 0
22 0 0
23 0 0
24 1 1
25 0 0
26 0 0
27 0 0
28 0 0
29 0 0
30 0 0

指示等の情報の公開

指定機関への指示や不適合通知を行った場合、神戸市建築物の安全性の確保等に関する条例第16条にもとづき公表します。(平成29年度は指示等がありませんでした。)

中間、完了検査の実施状況に関するアンケート調査の結果報告

神戸市では、指定機関が行う中間、完了検査の現場に立ち会い、業務の実施状況を調査していますが、検査の実施内容について、指定機関ごとや検査員ごとの違いが大きいと感じているところです。
そこで、検査の実施状況および機関独自の取り組み等につきまして、アンケート調査を実施いたしました。

アンケート実施期間

平成28年12月8日(木曜)~12月26日(月曜)

アンケート依頼機関

神戸市を業務区域とする指定確認検査機関のうち、一般的な規模を多く取り扱う19機関

アンケート調査集計結果

問い合わせ先

神戸市 建築住宅局 建築指導部 建築安全課(三宮国際ビル5階8番窓口)
電話:078-595-6559 Fax:078-595-6663

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

建築住宅局建築指導部建築安全課 

〒651-0083 神戸市中央区浜辺通2-1-30 三宮国際ビル5階