ホーム > ビジネス > 各種届出・規制等 > 建築住宅局 > 建築指導部 > 建築関連法令等 > 瓦屋根の緊結方法が強化されます

瓦屋根の緊結方法が強化されます

最終更新日:2021年11月15日

ここから本文です。

屋根ふき材に対する強風対策について

令和4年1月1日より「瓦屋根標準設計・施工ガイドライン」に準拠した「ガイドライン工法」が建築基準法の告示基準に位置付けられ、瓦屋根の緊結方法が強化されます。
詳しい内容については以下をご覧ください。

・瓦の緊結方法に関する基準の強化(昭和46年建設省告示第109号)(PDF:461KB)
・工事業者・工務店の皆様へ(パンフレット)(PDF:1,285KB)
・市民の皆様へ(パンフレット)(PDF:1,164KB)

(パンフレット裏面に記載の補助制度について)
・住宅・建築物安全ストック形成事業による瓦屋根の耐風診断・耐風改修工事の補助については、実施の予定はありません。
・長期優良住宅化リフォーム推進事業による補助については、国立研究開発法人建築研究所(外部リンク)にお問い合わせください。なお、対象事業に求められる条件として、長期優良住宅(増改築)の認定基準への適合が必要な場合があります。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 0570-083330 または 078-333-3330

このページの作成者

建築住宅局建築指導部建築安全課 

〒651-0083 神戸市中央区浜辺通2-1-30 三宮国際ビル5階