神戸市奨学金のご案内

ここから本文です。

神戸市では,経済的理由により修学困難な高校生等を対象に,奨学金を支給する「神戸市奨学金制度」を設けております。
神戸市奨学金は平成26年度より対象者、支給額の変更を行い、平成28年度、平成29年度、平成30年度及び平成31年度には支給額の変更を行いました。

1.応募資格(予約募集※中学3年時)

次の要件をすべて備えている方。

  • 1)保護者が神戸市内に在住している方。(住民票が神戸市にあることを原則とします)
  • 2)中学校、中等教育学校前期課程又は特別支援学校の中等部に在学する方で、高等学校等へ進学しようとされる方。
  • 3)他の制度の奨学金その他これに類するものを受けていない方、又はその予約をしていない方。
    【注意】神戸市奨学金を受ける方は、他の奨学金を同時に受けることはできません。他の奨学金を辞退してください。
    ただし、入学準備の一時金、高等学校入学後の「就学支援金制度」「授業料軽減制度」及び「奨学のための給付金制度(高校生等奨学給付金)」との併給はできます。
  • 4)児童養護施設に入所している方,里親に養育されている方,市民税非課税世帯(均等割・所得割とも課税されていない世帯)の方のいずれか。
    【注意】雑損控除や繰越損失等の損益があるために非課税になっている世帯の方は除きます。
    また、生活保護受給世帯は神戸市奨学金の対象となりません。(生活保護の高等学校等就学費を受給してください)
  • 5)選考基準
    • 市民税非課税世帯のうち、第1子の者であること。
      *第1子の者とは、「23歳未満の扶養されている兄・姉がいない世帯」の者。(扶養状況を所得証明書等により確認できること)
    • 特別支援学校高等部に進学の場合、この選考基準は適用しません。

2.応募方法

中学校、中等教育学校前期課程又は特別支援学校の中等部の最終学年の11月ごろに予約募集を行っています。在学している中学校等を通じて願書の配布、申請の受付を行います。

  • 予算の都合により、高等学校等在学生を対象に「追加募集」を実施することがあります。
    【注意】平成25年度以前から高等学校等に在学している方については、5)選考基準は適用しません。
    (「追加募集」を実施する場合の募集時期は、6月頃。在学している高等学校等を通じて願書の配布、申請等を行います。併せて広報誌、及びホームページに掲載します。)

【参考】令和元年度追加募集について

令和元年度については、予約募集の機会を逸した方を対象に、追加募集を実施しています。(1回目令和元年6月28日締切、2回目令和元年12月20日締切)
追加募集の審査基準等は予約募集と原則同じです。既に神戸市奨学金を受給されている場合は追加募集への応募はできません。(重複給付はできません。)

応募を希望される場合は、通学している高等学校等にお問い合わせください。

3.奨学金の支給について

支給期間は正規の最短修学年限(3年制校の場合、最大36ヶ月)です。ただし、退学や休学、世帯の収入が大きく増えた場合など、在学状況や世帯状況等に変更があれば、奨学金支給を終了又は停止します。高等学校長を通じて支給します。給与ですので、卒業後の返還は不要です。

奨学金の年額

平成26年4月以降入学者:公立学校生徒8,400円、私立学校生徒4,800円
【注意】奨学生採用後、2年生進級時点から、毎年所得調査を行い、採用条件を満たしていない場合は支給を終了します。
その他、詳細については募集時に配布する募集要項をご覧ください。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

教育委員会事務局学校支援部学校経営支援課 

〒650-0044 神戸市中央区東川崎町1丁目3-3 神戸ハーバーランドセンタービル ハーバーセンター4階