現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2020年7月 > 大雨と強風による建物の被害2件(須磨パティオ)

更新日:2020年7月13日

大雨と強風による建物の被害2件(須磨パティオ)

ここから本文です。

記者資料提供(令和2年7月13日)
株式会社OMこうべ 総務部 篠原・鈴木 TEL:078-302-2381
須磨パティオ事業部 児玉 TEL:078-791-7100

大雨と強風による建物の被害2件(須磨パティオ)

 7月10日から11日にかけての大雨と強風の影響により、須磨パティオにおいて建物への被害がありました。緊急点検を実施し、他に異常が無いことを確認しましたので、お知らせします。なお、これによる負傷者等はありませんでした。

1.立体駐車場の耐火被覆材落下

(1)発生時の状況

 令和2年7月10日(金曜)正午過ぎ、須磨パティオ立体駐車場(C)1階鉄骨の耐火被覆材の一部が落下しているのを、お客様が発見されました。当社において確認したところ、ロックウール(岩綿)繊維の耐火被覆材が、長さ1.5m、幅30cmにわたり、高さ3.3mから剥落しており、破片を集めた総重量は雨水を含んだ状態で約20kgでした。

(2)事故の原因

 大雨と強風による吹き降りにより、経年劣化した耐火被覆材が水を大量に含んだことで落下したもの。

<落下を発見したときの状況>

2971934383351 2971934383352

2.パティオ3番館3階の瓦の落下

(1)発生時の状況

 令和2年7月11日(土曜)13時43分、須磨パティオ3番館2階の屋外通路を清掃中の作業員が、通路上の3階部分(高さ約6.5m)の瓦1枚(縦15cm、横13cm、厚み2cm、重さ約600g)が2階通路上に落下しているのを発見しました。

(2)事故の原因

 強風により、瓦が落下したため。

<落下を発見したときの状況>

 2971934383353 2971934383354

3.事故後の対応

(1)立体駐車場の耐火被覆材落下

 直ちに落下場所周辺の立ち入りを制限したうえで、同駐車場内の他の箇所の耐火被覆材について、落下の危険性の有無を点検しましたが、特に異常がないことを確認しました。

 また、当社における、同様の耐火被覆材を使用している施設について、緊急点検を実施し、異常がないことを確認しました。

(2)パティオ3番館3階の瓦の落下

 直ちに落下場所周辺の立ち入りを制限したうえで、同ショッピングセンター内の他の同様の箇所の瓦のずれや割れなどについて緊急点検を実施した結果、他に異常はないことを確認しました。

 なお、当社が運営するほかのショッピングセンターや所有するビル・施設において、同様の瓦屋根は使用しておりません。

(3)今後の点検について

   今後は、定期点検に加え、暴風雨が予測される場合は、飛散の恐れのある部分について重点的に点検を行います。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

都市局新都市事業部事業管理課 

〒651-0083 神戸市中央区浜辺通2-1-30 三宮国際ビル9階