現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2020年4月 > 神戸市とJA兵庫六甲との連携協定の締結並びにこうべ再生リンの販売について

更新日:2020年4月10日

神戸市とJA兵庫六甲との連携協定の締結並びにこうべ再生リンの販売について

ここから本文です。

記者資料提供(令和2年4月10日)
神戸市建設局下水道部計画課
神戸市経済観光局農水産課
JA兵庫六甲神戸西営農総合センター

都市と農村をつなぐ「KOBE ハーベスト(大収穫)プロジェクト」

神戸市とJA兵庫六甲との連携協定の締結並びにこうべ再生リンの販売について

1.趣旨・経緯

 神戸市とJA兵庫六甲は、令和2年4月10日(金曜)、神戸市の東灘処理場で回収された高品質なリン肥料「こうべ再生リン」の地域循環と食育活動について、協働で取り組むため、連携協定を締結します。
 神戸市では、平成24年度から「こうべ再生リン」の回収技術の確立や「こうべ再生リン」を含む「こうべハーベスト肥料」の普及に関する研究を実施してきました。
 これまでJA兵庫六甲の協力のもと、「こうべ再生リン」を一部使用した「こうべハーベスト肥料」が、神戸市内の農家で、キャベツやスイートコーンなどのこうべ旬菜等の野菜や学校給食米(きぬむすめ)の栽培に広く使用されるようになりました。今後も、この貴重なリン資源の有効利用を継続し、さらに発展させるため、本協定の締結に至りました。
 この度の協定締結を機に、神戸市とJA兵庫六甲は、循環型社会への取り組みをより一層推進し、持続可能な社会の実現を目指します。
 また「こうべ再生リン」の、更なる有効利用の拡大を目的に、令和2年4月1日より、神戸市から、肥料メーカー向けの大口販売を開始しています。

2.「連携協定」の内容

(1)地域循環に必要となるこうべ再生リンの安定供給に関すること
(2)こうべ再生リンを含む肥料で栽培された食物を通した食育活動に関すること
(3)その他、本協定を実施するために必要なこと

3.こうべ再生リンの販売内容

(1)大口販売として、800kg単位での販売:45円/kg(税抜)
(2)少量販売として、東灘処理場の下水道の歩み館で、カプセルトイによる100g単位での販売を予定※
(3)学術研究や商品開発に必要なサンプル提供:無償
※下水道の歩み館は、新型コロナウイルス感染症対策として、現在閉館しています。

4.添付資料

<参考>

「こうべ再生リン」とは

神戸市の東灘処理場から生産された「りん酸マグネシウムアンモニウム」の肥料名称であり、リン20%と窒素4%とマグネシウム11.5%が含まれています。均質な形状で、効き目の長い緩効性の肥料です。
こうべ再生リン

「こうべハーベスト肥料」とは

「こうべ再生リン」を一部配合し、こうべ旬菜等の野菜や学校給食米(きぬむすめ)の栽培に使用している肥料です。園芸用の「こうべハーベスト10-6-6-2」と水稲用の「こうべハーベスト水稲一発型」があり、どちらの肥料も神戸西グリーンセンター(神戸市西区平野町印字660-1)で販売しています。

  • こうべハーベスト10-6-6-2(こうべ再生リン20%配合)こうべ旬菜等の園芸用肥料
    肥料成分(窒素 10%、リン 6%、カリウム 6%、マグネシウム 2%)
  •  こうべハーベスト水稲一発型(こうべ再生リン15%配合)きぬむすめ用の水稲用肥料
    肥料成分(窒素 18%、リン 13%、カリウム 13%、マグネシウム 1.5%)
    こうべハーベスト10-6-6-2
    こうべハーベスト水稲一発型
JA兵庫六甲との取り組み

「こうべハーベスト10-6-6-2」を使って栽培されたスイートコーンを収穫するイベントを、JA兵庫六甲の協力のもと実施しています。

令和元年度スイートコーン収穫体験

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

建設局下水道部経営管理課 

〒651-0084 神戸市中央区磯辺通3-1-7 コンコルディア神戸3階