現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2020年3月 > 神戸市下水道事業経営計画の策定

更新日:2020年3月23日

神戸市下水道事業経営計画の策定

ここから本文です。

記者資料提供(令和2年3月23日)
神戸市建設局下水道部経営管理課

1.計画の趣旨

本市の下水道事業は、昭和26年(1951年)に着手し下水道整備を進めてきた結果、下水道人口普及率は98.7%に達し、下水道の基本的な役割の一つである生活環境の改善を概ね達成しました。

しかし、昭和40年代に集中的に整備した管きょや処理場などの施設の老朽化が課題となっており、これらの施設の維持管理、計画的な改築更新をこれまで以上に推進していく必要があります。

加えて、台風や突発的な集中豪雨による浸水被害への対応、大規模地震発生時における下水道の機能確保、循環型社会の構築や低炭素社会の実現など下水道に求められる役割は一層高まっています。

今後、安定した下水道サービスを持続的に提供するために、令和2年度からの10年間の基本方針や目標などを取りまとめた「神戸市下水道事業経営計画」を策定しました。

2.計画の概要

(1)計画期間

令和2年度(2020年度)~令和11年度(2029年度)【10年間】

(2)建設に係る事業費

年間210億円~220億円程度

(3)基本方針

①快適な市民生活と社会活動を支えます

②災害に備える安全・安心なまちづくりを進めます

③良好な水環境と循環型社会の実現に貢献します

④下水道の見える化に取り組みます

⑤安定した下水道サービスを提供します

3.施策と主要事業

基本方針①快適な市民生活と社会活動を支えます

市民生活や社会活動を不自由なく行うことができるよう、汚水処理を確実に行います。

(主な施策)

  • ストックマネジメント計画の策定と運用
  • 管きょ・処理施設の適切な維持管理、改築更新
  • 汚水処理システムの再編

基本方針②災害に備える安全・安心なまちづくりを進めます

地震や津波、台風などによる災害への対策により、安全・安心なまちづくりを推進します。

(主な施策)

  • 下水道施設の耐震・耐水化
  • 浸水対策(施設整備、情報発信の充実)
  • 危機管理体制の構築

基本方針③良好な水環境と循環型社会の実現に貢献します

下水処理の過程で自然環境へ排出される環境負荷を低減し、下水道における資源の有効利用を推進することにより、神戸のまちづくりに貢献します。

(主な施策)

  • 良好な水環境の実現(事業場への水質指導、処理場の適正な水質管理)
  • 循環型社会の実現(下水道資源の有効利用、地球温暖化対策の推進)

基本方針④下水道の見える化に取り組みます

日頃、目にすることが少ない下水道を知ってもらう取組や機会を設けます。

(主な施策)

  • 身近に感じる下水道(体験する・学べる広報、市民との協働による広報、多角的な情報発信)
  • 地域に貢献する下水道(下水道用地の利活用、地元企業等との連携による国際協力事業の推進)

基本方針⑤安定した下水道サービスを提供します

経営改善により自立経営に取り組み、安定した下水道サービスを提供します。

(経営指標と目標)

  • 単年度収支の均衡
  • 経費回収率を100%以上

4.神戸市下水道事業経営計画

神戸市下水道事業経営計画ページへのリンク

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

建設局下水道部経営管理課 

〒651-0084 神戸市中央区磯辺通3-1-7 コンコルディア神戸3階