現在位置

ホーム > くらし・手続き > 住まい・水道・下水道 > 下水道 > 市民の皆様へ > 神戸市におけるグリース阻集器の取り扱いについて

更新日:2020年6月25日

神戸市におけるグリース阻集器の取り扱いについて

ここから本文です。

グリース阻集器は、厨房などから排水に含まれる油脂分を阻止・分離・収集するための分離装置ですが、油脂分を分解する名目で菌又はオゾンなどを利用して油脂分や残さを処理する装置が後付けされるなど、グリース阻集器が処理装置として、用いられるケースも見受けられます。

しかし、神戸市では従来から「油脂分を分解する菌又はオゾンなどを利用するばっき装置の追加設置の禁止」をお願いしております。禁止の理由は、これらの装置を設置するとばっき効果によって阻集器内がかくはんされ浮上分離している阻集グリース及びたい積残さが流出することになり、建物内の排水設備だけでなく公共下水道までも詰まりを起こす可能性があるからです。また、付属装置が製造時に一体的に装備されたもの(SHASE-S217による認定品)であっても、付属装置の設置による公共下水道への影響(流出した油脂の硬化による汚水管の閉塞等)について、本市では十分に確認できていません。

このため、本市では公共下水道の健全な維持管理のため、付属装置が製造時に一体的に装備されたもの(SHASE認定品)についても設置を自粛していただくようお願いしています。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

建設局下水道部経営管理課 

〒651-0084 神戸市中央区磯辺通3-1-7 コンコルディア神戸3階