現在位置

ホーム > くらし・手続き > 住まい・水道・下水道 > 下水道 > 下水道の広報 > 過去のトピックス一覧 > 三宮南地区の浸水対策事業について

更新日:2020年6月25日

三宮南地区の浸水対策事業について

ここから本文です。

生田川から宇治川にかけての神戸港に面した低地盤地区(三宮南地区)では、高潮による海水の逆流や市街地に降った雨水による浸水被害が度々発生してきました。近年では、平成16年に台風が4度神戸に来襲し、その度に国道2号の冠水による長時間の通行止めや床上浸水などの被害が生じました。

こういった問題を解消するため、本市では、高潮により海水が陸に上がるのを防ぐ防潮堤の整備(平成27年度完了)を進めるとともに、雨水管からの海水の逆流を防ぎ雨水を素早く海に流すための「雨水ポンプ場」や「雨水管」の整備を平成17年度より進めてきました。

路面冠水状況(中央区波止場町)
平成16年9月7日(台風18号)による路面冠水状況(中央区波止場町)

事業の内容

三宮南地区全体(200ha)を3つの流域に分け、10年に1度程度発生する概ね100mm/時間の降雨(潮位は海抜2.8mを想定)に対応するポンプ場や雨水管の整備を進めています。

三宮南地区高潮恒久対策図

事業の進捗

平成27年7月には3箇所のポンプ場すべてが供用を開始し、現在は雨水管および側溝の整備を進めています。

平成30年9月の台風21号の際は、神戸港の過去最高潮位となった高潮と豪雨の影響により多くの地域で浸水被害が発生しましたが、防潮堤やポンプ場の整備が進んでいる三宮南地区では平成16年の時よりも大幅に浸水範囲を小さくすることが出来ました。

引続き雨水管や側溝の整備を進め、平成33年の完了を目標としています。

京橋ポンプ場

小野浜ポンプ場

中突堤ポンプ場

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

建設局下水道部経営管理課 

〒651-0084 神戸市中央区磯辺通3-1-7 コンコルディア神戸3階