現在位置

ホーム > くらし・手続き > 住まい・水道・下水道 > 下水道 > 下水道の広報 > 「JICA草の根技術協力事業 ベトナム国キエンザン省における下水道事業化に向けた人材育成プログラム」中間報告会をキエンザン省において開催しました。(平成31年1月23日実施)

更新日:2021年3月12日

「JICA草の根技術協力事業 ベトナム国キエンザン省における下水道事業化に向けた人材育成プログラム」中間報告会をキエンザン省において開催しました。(平成31年1月23日実施)

ここから本文です。

現在、神戸市では技術協力協定を締結しているベトナム国キエンザン省に対し、下水道事業化に向けた人材育成プログラム(JICA「草の根技術協力事業」)を実施しています。

このたび、本プログラムの中間報告会をキエンザン省人民委員会(事業の意思決定機関)の主催で開催しましたのでお知らせします。(平成31年1月23日実施)

中間報告会

下水道事業化に欠かせない5つの要素、(1)下水道計画の検証、(2)法制度検討、(3)組織作り、(4)運営管理、(5)住民啓発及び事業者管理について、プロジェクトメンバーが人民委員会へキエンザン省の現状、下水道事業開始に向けた課題を発表しました。また、中間報告会の出席者から下記コメントをいただきました。

『このプログラムが成功に向かっていると実感した。この成果が活かされ、下水道事業が実現していくことが重要と考える。』

『キエンザン省が主体で準備し、実施して頂いたことは大きな成果である。今後の下水道事業化に向けた展開を考えることも重要である。持続性の確保が重要であり、プログラム終了後の継続的な啓発活動について、プレゼンで触れて頂いたことも大きな成果であり評価したい。』

また、キエンザン省からは『法整備をしっかりして、現在の環境改善をしていくことが重要と認識できた。今後、体制づくり、人事、維持管理組織、広報・住民啓発に取り組みながら、下水事業展開に向けた基盤作りをしていきたい。』とのまとめがありました。

今後の取り組み

最終年度である平成31年度は、キエンザン省での継続的な人材育成に向けた、キエンザン省内部の研修の実施に向けた支援も行う予定です。

また、現在の人材育成プログラムを充実させるとともに、上位目標である下水道事業化に向けたより具体的で継続性のある取組みの実施が今後の課題です。

JICA

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

建設局下水道部経営管理課 

〒651-0084 神戸市中央区磯辺通3-1-7 コンコルディア神戸3階