現在位置

ホーム > ビジネス > 事業者への各種案内・通知 > 下水道 > 排水規制(工場・事業場排水) > 試験・研究機関の皆様へ 下水道に流す前にルールを確認しましょう!

更新日:2019年12月3日

試験・研究機関の皆様へ 下水道に流す前にルールを確認しましょう!

ここから本文です。

過去には、実験排水の適切な処理をしないで、下水道に流すという事例がありました。実験廃液には、有害物質や毒性物質が含まれているものもあり、適正に管理・処理されずに下水道へ排除されると、下水処理や処理水の再利用、ひいては市民の生活環境にも影響を及ぼしかねません。
下水道の適正な維持管理をはかり、市民の方々に安全で安心できる再利用水を使用していただき、また良好な公共用水域の保全を図るため、実験排水の適正な管理・取扱いについて、より一層のご協力をお願いいたします。

下水道に流す前に適正な処理を義務づけられている法律の例

下水道法

下水道の機能を守り、公共用水域の水質を保全するため、下水道に排除すべき水質の基準などを規定しています。

毒物及び劇物取締法(毒劇法)

毒物及び劇物の保健衛生上の見地から、毒劇物の製造や使用、保管等の取扱いなどについて規定しています。

廃棄物の処理及び清掃に関する法律(廃棄物処理法)

生活環境の保全及び公衆衛生の向上を図ることを目的として、廃棄物の排出抑制や、廃棄物の適正な分別、保管、処分等の処理を規定しています。

遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律(カルタヘナ法)

遺伝子組換え生物等の使用等による生物の多様性への影響を防止するため、遺伝子組換え実験を行うに当たって、とるべき拡散防止措置などが定められています。

放射性同位元素等による放射線障害の防止に関する法律(放射線障害防止法)

放射性同位元素の使用、販売、廃棄その他の取扱い、放射線発生装置の使用及び放射性同位元素によって汚染された物の廃棄その他の取扱いなどを規制しています。

感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律

病原体等の検査を行っている機関等は、当該施設において感染症が発生し、又はまん延しないように必要な措置を講ずるなどを規定しています。

労働安全衛生法(安衛法)

職場における労働者の安全と健康を確保するとともに、快適な職場環境の形成促進を目的として、労働災害防止のための危害防止基準の確立、責任体制の明確化及び自主的活動の促進の措置を講ずる等その防止に関する総合的計画的な対策を推進することを規定しています。

実験排水を下水道に流す前に上記の法律等を確認していただき、実験排水の適正な処理をお願いします。

下水道部の情報メニューに戻ります(現在位置:建設局下水道部)

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

建設局下水道部経営管理課 

〒651-0084 神戸市中央区磯辺通3-1-7 コンコルディア神戸3階