現在位置

ホーム > 防災・安全 > 神戸市消防局 > 消防の概要 > 中央消防団

更新日:2021年8月25日

中央消防団

ここから本文です。

中央消防団の紹介

中央消防団は、平成12年4月1日に生田消防団(6分団)・葺合消防団(4分団)が統合し、発足しました。
神戸市中央消防署に本部を置き、第1分団から第10分団まで、170名の団員が活躍しています。
神戸市街地の中心部にあたる中央区(ポートアイランド・一部地域を除く)を所轄区域としています。
所轄区域には三ノ宮・元町の繁華街・ビジネス街の高層建物や地下街、また観光スポットとしても有名な神戸ハーバーランド・南京町・旧居留地・異人館の北野町・布引ハーブ園等があります。

中央消防団団長

令和2年4月1日shirogane付けで中央消防団長に就任しました、白銀(しろがね)と申します。みなさまの消防団活動の御協力に対し、心から感謝を申し上げます。

我々中央消防団は「自分たちの地域は自分たちで守る」という精神のもと、火災出動のみならず、地震、津波、風水害といった災害に対し、消防署と連携しながら迅速に対応します。

そして、平常時は火災予防の啓発や、応急手当の普及といった地域防災力の向上を図ってまいります。

中央区、そして神戸市を愛する団員一同で頑張ってまいりますので、今後とも、みなさまの御支援・御協力をよろしくお願いいたします。

活動紹介

地域の未来っこへの防火教育

今月初旬、管轄地域の小学生児童数十名に、消防団員が防火教育を行いました。

子供たちにひとつひとつ丁寧に教えると、子供達も消防団員の姿勢に応え

一生懸命でした。

消火器取扱体験

火災予防の話

消防団の活動

地域の防災団体とともに、消防団員が放水訓練を行いました。

ソーシャルディスタンスに配慮しながらの訓練でした。

放水活動

 

 

 

 

団員が地域の皆様へ訓練指導をしています。

団搬送車

 

 

車両の配備

dannsha3

令和2年3月、中央消防団史上初の車両が配備されました。

この車両で広報や小型動力ポンプの運搬等、様々なフィールドで活躍してもらいます。

防災訓練で県大会選抜メンバーが操法を初お披露目

ponnsou

令和2年1月19日(日曜日)コミスタ神戸にて中央ふきあい防災福祉コミュニティ、生田川地区防災福祉コミュニティ、小野柄ふれあいのまちづくり協議会防災部会主催の防災訓練にてポンプ操法県大会選抜チームが初になる操法お披露目をしました。

地域の皆様からは操法に対してお褒めの感想を頂戴しました。まだまだ課題は多くここからが正念場になり、更に技術を磨き夏の大会本番を目指しますのでご声援をお願いいたします。(大会は中止になりました)

8分団 出初式で安心安全を願い放水!

dezomedezome2

令和2年1月5日(日曜日)にメリケンパークで挙行された神戸市消防出初式にて

中央消防団からは8分団が代表して、街の安心安全を願い海上へ放水を実施しました。
各分団からの代表者は式典へ参列。当日の会場は爽やかな青空で、気持ちを新たに引き締めて活動することを誓い合いました。

神戸市消防職団員駅伝大会に出場しました

ekidenn

令和元年12月13日(金曜日)毎年恒例の神戸市消防職団員駅伝大会へ中央消防団から4度目、2チーム出場しました。

Aチームが消防団チーム3位入賞、Bチームは9位でした。 レギュラーの団員が大会前、インフルエンザにかかってしまう出来事もありました。
逆境を乗り越えて勝ち取った入賞をメンバー皆誇りに思い、2020年度も優勝目指して努力を継続します。(大会は中止になりました)

第6分団 神戸市小型ポンプ操法大会で奮闘

6housui

先日、第6分団が約半年間 訓練を重ねてきたポンプ操法大会へ出場してきました。結果は振るいませんでしたが、団員・担当してくださった山手出張所の署員の皆様との絆が一段と強くなりました。

2020年度には中央消防団、兵庫県大会へ出場します。現在選抜メンバーが訓練を実施中で中央消防団の活躍をご期待ください。(大会は中止になりました)

団員募集

消防団員の身分は特別職の地方公務員です。

消防団員になる資格は、住所・年齢・身体の要件を満たしていることです。

  1. 消防団の区域内に住所を有し、若しくは勤務していること、又はその区域内の学校に在学していること。
  2. 年齢が満18 歳以上の者。
  3. 身体が強健であること。

消防団に興味がある方は、下記窓口までご連絡ください。

  • 中央消防署消防防災課 241-0119

 第28回兵庫県消防操法大会の解散式

令和3年1月10日新型コロナウィルス感染症の影響で中止となりました第28回兵庫県消防操法大会中央消防団選抜チームの解散式が中央消防署内にて挙行されました。式典は室内の換気、マスク着用、手指の消毒、出席者のソーシャルディスタンスをとるなど感染症対策を徹底されていました。なお、式典に臨むにあたり、大会出場のため選抜された団員達は令和元年5月15日より令和3年1月10日の解散式に至るまでの1年7か月もの間(令和2年3月末で訓練休止)数十回に渡り訓練を積み重ねましたが、大会は中止となりました。バトンは北消防団へ回ることが決定、中央消防団選抜チームは訓練成果を披露することなく解散することになります。残念ではありますが、8か月ぶりにほぼ全員が集まった解散式、全員が終始笑顔であったことが心の救いでした。中央消防団の活動は、この先も変わらず続いていきます。市民みなさまの安全安心のため、今後も頑張っていきますので、引き続き中央消防団へのご声援、ご支援をよろしくお願いします。

集合写真

 

 

 

 

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

消防局中央消防署消防防災課 

〒651-0088 神戸市中央区小野柄通2-1-19