現在位置

ホーム > 観光・文化・産業 > 文化 > 文化財・民俗芸能 > 本松堰堤 排泥管バルブ

更新日:2021年3月22日

本松堰堤 排泥管バルブ

ここから本文です。

年代

明治31年(1898年)

内容

監査廊内部の排泥管バルブ

寸法

  • 内径:460ミリメートル
  • 高さ:1370ミリメートル
  • 長さ:795ミリメートル(方落ち管含む)

英国製排泥管バルブ1
バルブ(片落ち管付き)

英国製排泥管バルブ2
紋章

堰堤底部の監査廊内部で、排泥管を開閉するためのバルブであり、設計時点で東京などの他都市を調査した結果、バルブ類はアメリカ製という結論で発注されました。

排泥管

当時、18インチ以上のバルブには、本弁にかかる水圧を減らすため、事前に開閉する小さいバルブと、その接続のための副管が付いていました。

バルブにはケネディ社(米国)の紋章が見られ、反対面には、神戸水道のマークである六剣水が刻印されています。

弁体構造も現代には無い構造で、弁が下まで降りきると、2枚の太鼓状弁が外側に開いて止水するという特殊構造となっています。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

水道局施設課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所4号館8階