現在位置

ホーム > 観光・文化・産業 > 文化 > 文化財・民俗芸能 > 分水堰堤附属橋

更新日:2021年3月22日

分水堰堤附属橋

ここから本文です。

建設年代

明治39年(1906年)2月~明治40年(1907年)3月

施設概要

鉄筋コンクリートアーチ橋
橋長:11.5メートル、幅:1.2メートル(通路幅員:0.9メートル)

特徴

全国的にも先駆的な鉄筋コンクリートアーチ橋

分水堰堤附属橋 写真
佐野藤次郎が布引ダムを建設した後に、彼の後を引継いだ水野広之進が設計に関与したと思われます。

床版配筋がモニエ式(格子状配筋)となっている先駆的な鉄筋コンクリート橋です。

明治39年(1906年)5月に、佐野藤次郎がイギリス土木学会で発表するために作成したと思われる図面が『KCWW』という表示とともに残っています。

分水堰堤附属橋 図面

全国的にも先駆的な鉄筋コンクリートアーチ橋

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

水道局施設課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所4号館8階