現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2020年10月 > 神戸市立海外移住と文化の交流センター 指定管理者候補者の決定

更新日:2020年10月5日

神戸市立海外移住と文化の交流センター 指定管理者候補者の決定

ここから本文です。

記者資料提供(令和2年10月5日)

 市長室では、令和2年6月より「神戸市立海外移住と文化の交流センター」の指定管理者の公募を行ってまいりましたが、このたび、市長室指定管理者候補者選定委員会での審査を踏まえ、下記のとおり候補者を決定しました。

 今後、市会での審議・議決を経て、指定管理者に指定されることとなります。

◆公募を実施した施設◆  

 神戸市立海外移住と文化の交流センター(神戸市中央区山本通3丁目19番8号)

◆指定管理者候補者◆  

神戸市立海外移住と文化の交流センター共同事業体

 (構成団体:株式会社カワサキライフコーポレーション一般財団法人日伯協会・特定非営利活動法人関西ブラジル人コミュニティCBK・特定非営利活動法人芸術と計画会議)

代表者:株式会社 カワサキライフコーポレーション(代表取締役社長 岡本 望)

所在地:神戸市中央区東川崎町1丁目1番3号

◆指定期間(予定)◆  

令和3年4月1日から令和8年3月31日まで

◆決定理由◆  

神戸市立海外移住と文化の交流センターの指定管理者候補者選定にあたっては、1団体から応募があり、提出を受けた提案書類について、「応募団体の概要」、「施設運営・事業実施」、「施設の管理運営体制」、「収支予算」の4項目を総合的に評価した結果、指定管理者候補者としての業務遂行能力を有するものとして決定しました。

◆選定基準・評価結果◆

選定基準 配点 候補者
応募団体の概要 ・経営理念、経営方針 15 13.3
・類似業務の実績
・環境負荷低減への取り組み
・障害者雇用への取り組み
・神戸市内の団体であるか
施設運営・事業実施 ・運営の基本方針 40 34.3
・各事業の提案
 希望と道への船出の広場運営事業
 多文化との共生の広場運営事業
 芸術を生かした創生の広場運営事業
 3つの機能の連携事業、貸館事業
 利用者へのサービス向上、集客力向上
施設の管理運営体制 ・組織、人員体制、必要な人材の配置 25 23.0
・苦情等の把握と対応
・ユニバーサル社会実現への配慮
・委託先の選定、地域との連携、市内企業の活用
・危機管理の考え方
収支予算 ・管理経費、収支バランス、実現可能性 20 20.0
合計(①) 100 90.7
≪現在の指定管理者≫管理運営に対する評価結果に基づく加算減算(②) ※2.7
総合計(①+②)   93.4

※指定管理者としての管理運営に対する評価結果が3年連続AAに該当する場合、総得点の3%を加算

◆選定までのスケジュール◆

内容 日程
応募要領等の配布 6月30日(火曜)~7月9日(木曜)
現地見学会 7月14日(火曜)
応募登録の受付 7月15日(水曜)~17日(金曜)
質問に対する回答 7月31日(金曜)
応募書類の受付 8月25日(火曜)~8月31日(月曜)
指定管理者候補者選定委員会 9月16日(水曜)

 

 

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

市長室国際部国際課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館16階