現在位置

ホーム > 市政情報 > 計画・事業 > 市長室の計画・事業等 > 国際交流 > 姉妹都市提携50周年記念写真展「リオと言えばカーニバルでしょ!!」

更新日:2019年10月18日

姉妹都市提携50周年記念写真展「リオと言えばカーニバルでしょ!!」

ここから本文です。

開催概要

今年、神戸市とブラジル・リオデジャネイロ姉妹都市提携50周年を記念して、海外移住と文化の交流センターにおいて、企画展「リオと言えばカーニバルでしょ!!」を開催いたします。
会場となる海外移住と文化の交流センターは、国内唯一の海外移住関連施設でもあり、館内には、海外移住の歴史を学べる「移住ミュージアム」(入場無料)もございます。
ぜひこの機会にお立ち寄りください。

企画展チラシ(PDF:1,489KB)

海外移住と文化の交流センター(外部リンク)

開催概要

2019年10月26日土曜)から12月22日(日曜)まで

展示内容

企画展「リオと言えばカーニバルでしょ!!」
・第1部リオのカーニバルのすべて、日本人の活躍も見せます
・第2部巨大キリスト像の謎に迫る
・第3部リオは巨大キリスト像以外にも見所がいっぱい

所在地・交通案内

神戸市中央区山本通3丁目19-8海外移住と文化の交流センター1階特別展示室

・JR・阪神電車「元町」東口より、鯉川筋を北へ徒歩15分
・神戸市営地下鉄「県庁前」より、徒歩10分
・神戸市営バス「三宮駅前」または「元町駅前」から7系統に乗車
「山本通3丁目」で下車し北西へ徒歩3分、または「山本通4丁目」で下車し東へ徒歩3分
・海外移住と文化の交流センター北側に有料駐車場

開館時間・休館日・入館料

開館時間:午前10時から午後5時まで(入場は午後4時30分まで)
休館日:月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日)
入館料:無料

企画展について

1969(昭和44)5月19日、神戸市とリオデジャネイロ市は姉妹都市提携を結びました。

神戸は海と山にはさまれた国際港。リオデジャネイロも大西洋に面した国際港です。神戸っ子とカリオカ(リオっ子)、地球の反対側にありながら共通点も数多くあります。

リオといえばカーニバルが有名です。でも、カーニバルの本当の姿を私たちは知っているようで知らないのではないでしょうか。実は3億円もの賞金がかかるコンテストなのです。私たちが知らなかったリオのカーニバルの姿をできるだけ深く紹介しています。また、リオのカーニバルで活躍する神戸の女性にもスポットを当てました。

そして、もう一つのリオのシンボルが巨大キリスト像です。リオの街を見下ろす山の上に、手を広げて立つキリスト像の秘密にも迫っています。

問合先

一般財団法人日伯協会
TEL・FAX:078-230-2891
メールアドレス:info@nippaku-k.or.jp

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

市長室国際部国際課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館16階