現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2020年2月 > 災害時の多言語支援「災害と多言語・多文化まちづくり」講演会 

更新日:2020年2月17日

災害時の多言語支援「災害と多言語・多文化まちづくり」講演会 

ここから本文です。

記者資料提供(令和2年2月17日)

(公財)神戸国際協力交流センター

(公財)神戸国際協力交流センターでは、災害時の外国人支援に備えて、常時、災害時通訳翻訳ボランティアの募集・登録をお願いしております。そして、この度、災害時通訳翻訳ボランティアに役立つ講演会とワークショップを開催いたします。

 災害時通訳翻訳ボランティアは2020年1月31日現在で110名の方々にご登録いただいています。今回の講演会はすでに現在、ご登録いただいているボランティアの皆様とそして、ご興味を持たれていて、これから、ご登録を考えておられる方々も対象に開催します。講義では「災害と多言語・多文化なまちづくり」のお話やワークショップ形式で「もし被災地での医療通訳を頼まれたら(災害後の医療・看護の場面にて)」と題して、通訳研修を行い、災害時を想定した具体的な災害時通訳翻訳ボランティア活動にふれていただきます。

 

◆開催詳細

日   時: 令和2年2月22日(土曜日)10時30分~16時30分 

場  所: 神戸国際コミュニティセンター(KICC)会議室

 (神戸市中央区浜辺通5-1-14 神戸商工貿易センタービル2F)

対 象 者:

1)当センター募集の災害時通訳翻訳ボランティアにご登録いただいている方。

2)災害時通訳翻訳ボランティア活動に興味のある方。

外国籍の方は日本語能力検定N2以上の方。

講 師: 特定非営利活動法人 多言語センターFACIL 村上桂太郎、山口まどか

参加費 : 無 料

募集人数: 50名  (先着順) 

 

◆プログラム

10時30分-10時50分 オープニング 「災害時通訳ボランティア制度の概要」

10時50分-12時00分 講義 「災害と多言語・多文化なまちづくり」 

12時00分-13時00分 休 憩

13時00分-14時00分 講義 「消防の仕事」

 14時10分-16時30分 ワークショップ シナリオをもとにした通訳研修

「もし被災地での医療通訳を頼まれたら(災害後の医療・看護の場面にて)」

 

◆申し込み方法

申し込み方法:①氏名(ふりがな)②ご住所③TEL④E-Mail⑤通訳翻訳言語

を電話またはFAX 、Eメールのいずれかでお申し込みください。 

申 込 締 切 :2月20日(木曜日) 

※締切後も定員に満たない場合は受付いたしますのでお問い合わせください。 

    電話 078-291-8441 FAX  078-291-0691

  Eメール kic03@kicc.jp

そ の 他 :神戸国際協力交流センターホームページでイベントの詳細を確認

してください。 

https://www.kicc.jp/ja/topics/20200222

詳しくは上記URL内のチラシをご参照ください。

前年度写真(JPG:46KB)

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

市長室国際部国際課