現在位置

ホーム > 市政情報 > 計画・事業 > 企画調整局の計画・事業等 > 都心・ウォーターフロントの活性化 > 税関前歩道橋 設計競技(コンペ)【終了しました】

更新日:2020年9月30日

税関前歩道橋 設計競技(コンペ)【終了しました】

ここから本文です。

  • [平成31年3月29日]応募作品集を公開しました
  • [平成30年12月28日]審査経過、審査結果及び講評を掲載しました
  • [平成30年12月20日]最優秀作品を決定しました(速報)
  • [平成30年11月26日]税関前歩道橋 設計競技(コンペ)のプレゼンテーションを公開します!
  • [平成30年9月20日]応募予定登録書の受付を終了しました
  • [平成30年9月6日]税関前歩道橋における設計競技(コンペ)を開始します!

三宮周辺地区の再整備やウォーターフロントの再開発が進む中、以前にも増して国道2号による分断感の緩和が課題となっており、南北軸の回遊性向上に向けた取り組みが必要となっています。
これらを踏まえ、国道2号とフラワーロードが交差する税関前交差点において、三宮周辺地区と新港突堤西地区・みなとのもり公園をつなぐ『渡りたくなる歩道橋』をテーマに、斬新で高いデザイン性を持ちながら、構造面及び施工面においても実現性の高い、優れた歩道橋の設計提案を募集しました。

税関前歩道橋 設計競技(コンペ)応募作品集

今回のコンペで得た貴重な経験を広く伝えることを目的に、本コンペの応募作品を応募作品集として取りまとめました。
※紙媒体の冊子配布は行っておりません。

応募作品集表紙

税関前歩道橋 設計競技(コンペ)概要

提案箇所

提案箇所の図

応募資格等

応募資格は、以下の条件を満たすものとしました。

  • 過去10年間において、歩道橋あるいはそれに類する構造物の設計実績を有し、平成30・31年度神戸市競争入札参加資格を有する「建設コンサルタント」であること。
    ※ただし、上記と別の企業等(建設コンサルタント以外でも可。個人は不可)で共同企業体を編成することも可能。

その結果、以下のとおり最優秀作品等を決定いたしました。

最優秀作品

(代表者)株式会社エイト日本技術開発 (構成員)株式会社イー・エー・ユー

最優秀作品1

最優秀作品2

次点

(代表者)パシフィックコンサルタンツ株式会社 (構成員)株式会社蘆田暢人建築設計事務所

次点

入選

(代表者)株式会社オリエンタルコンサルタンツ

入選1

(代表者)扇コンサルタンツ株式会社 (構成員)株式会社ティーハウス建築設計事務所・株式会社tmsd

入選2

(代表者)中央復建コンサルタンツ株式会社 (構成員)株式会社E-DESIGN・株式会社LEM空間工房

入選3

※入選の3者については、受付番号順に掲載しています。

審査結果

最優秀:75/100点

次点:68/100点

3位:66/100点

4位:57/100点

5位:48/100点

経過及び応募状況

経過

  • 応募予定登録期間 平成30年9月6日~9月20日
  • 1次提案書受付期間 平成30年10月11日~10月18日
  • 1次提案審査会 平成30年10月29日
  • 2次提案審査会(最終審査)平成30年12月15日

応募状況

1次提案書受付数 9件

審査方法

1次提案審査会(書類審査)により5者の選出を行い、その後の2次提案審査会(書類及びプレゼンテーション)により最優秀作品および次点を決定いたしました。

審査委員

委員長

  • 安田 丑作(神戸大学名誉教授)

副委員長

  • 嘉名 光市(大阪市立大学大学院工学研究科教授)
  • 久保田 善明(富山大学都市デザイン学部教授)
  • 高橋 良和(京都大学大学院工学研究科教授)
  • 藤本 英子(京都市立芸術大学美術学部教授)
  • 三上 晴久(神戸芸術工科大学芸術工学部教授)
  • 油井 洋明(神戸市建設局長)

審査結果の概要

審査委員会では、最終応募5作品について、安全・安心で快適な歩行者の移動空間の実現(機能)、周辺環境との調和(景観)、造形的な美しさ(デザイン)、橋梁構造の安全性・合理性(技術)、施工と維持管理の適切さ(マネジメント)などの観点から厳正に審議され、総合的評価の第1順位が最優秀作品に選定されました。

審査経過、審査結果及び講評(PDF:259KB)

コンペの仕組み(参考)

(1)実施方法

  • ①市が設置する審査委員会において、2段階における審査を実施。
  • ②1次審査通過者(5者程度)に対し、報奨金として一律30万円を給付。
  • ③最優秀作品を提案した者を、コンペに引き続いて実施する予備設計(基本設計)業務の委託先として契約します(契約額は約20,000千円を想定)。また、予備設計に続き実施する詳細設計(実施設計)業務の契約候補者とする。
  • ④最優秀作品(歩道橋)が完成するまで、当初のデザインコンセプトが継承できるよう、施工時においても、別途「デザイン監理業務」を発注することとし、最優秀作品を提案した者は、その契約候補者とする。

コンペの流れ

(2)1次審査及び2次審査(最終審査)において求めたもの

  • ①1次審査
    • (ア)実施体制や類似事例の設計実績等
    • (イ)デザインコンセプト(基本的な考え方)
      都心・ウォーターフロント(概ね下図Aのエリア)における税関前交差点の意味合いや、新たに架け替えを行う税関前歩道橋のデザインコンセプト
    • (ウ)歩道橋の平面線形、橋梁形式を示すもの

税関前交差点(下図B)を対象に設計する歩道橋の平面線形・橋梁形式のイメージ図

平面線形・橋梁形式のイメージ図

  • ②2次審査(最終審査)
    • 1次審査で提案したデザインコンセプトや歩道橋の考え方の検討を深度化したイメージ図。
    • 歩道橋の安全性、信頼性について評価できるもの。
    • 概算工事費や施工計画、維持管理計画など、歩道橋の実現性について明らかにするもの。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

企画調整局未来都市政策課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館12階