現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2020年6月 > 公益社団法人神戸港湾教育訓練協会から神戸大学海事科学研究科への寄付について

更新日:2020年6月22日

公益社団法人神戸港湾教育訓練協会から神戸大学海事科学研究科への寄付について

ここから本文です。

記者資料提供(令和2年6月22日)

このたび、公益社団法人神戸港湾教育訓練協会から神戸大学海事科学研究科へ以下のとおりご寄付いたしますのでお知らせします。

寄付の内容

  1. 寄付者
     公益社団法人 神戸港湾教育訓練協会 会長(代表清算人) 佐伯 邦治
  2. 受納者
     神戸大学大学院海事科学研究科 神戸大学海事科学部
  3. 寄付金の額
    10,000,000円
  4. 寄付受納
     日時 令和2年6月24日(水曜日) 16時
     場所 神戸市役所1号館14階 1141会議室 

寄付の経緯

 神戸港湾教育訓練協会は、昭和49年、主に神戸港の港湾関係従事者の技能向上のための教育訓練等を行い、その社会的及び経済的地位を高めることなどを目的に設立された団体です。

 港湾関係従事者の全国的な研修施設である港湾技能研修センターが、愛知県豊橋市の施設の老朽化に伴い、神戸市のポートアイランドに機能拡充して昨年10月に移転開所したことから、同協会は、設立目的が引き継がれたとして令和2年3月31日をもって解散することとなりました。

 このたび、神戸港発展に寄与する海事人材の育成を支援するために、同協会の残余財産を旧神戸商船大学である神戸大学大学院海事科学研究科(神戸大学海事科学部)に寄付されることとなりました。

(参考)

〇公益社団法人 神戸港湾教育訓練協会(神戸市中央区港島8丁目11-3)

 昭和49年の開設後、約半世紀にわたって、約7千平方メートルの敷地にある管理棟や自動車教習コースにおいて、各種資格・免許取得のための講習等を実施。(自動車教習コースは隣接する港湾技能短大へ寄贈)

〇港湾技能研修センター(神戸市中央区港島9丁目1番)

  全国の港湾関係従事者を対象とした研修施設で、設置及び運営は、一般財団法人 港湾労働安定協会。約6万平方メートルの敷地に宿泊室がある本館、第1研修棟、第2研修棟、車庫棟、18列対応のガントリークレーンの実機を備えるほか、各種の港湾荷役機械が配備され、各種資格・免許取得のための講習や技能向上訓練等を実施。令和元年10月1日開所。

 

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

企画調整局つなぐラボ 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館12階

港湾局経営企画課 

〒650-0046 神戸市中央区港島中町4丁目1-1ポートアイランドビル8階