現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2020年3月 > 新型コロナウイルス感染症患者の発生について

更新日:2020年3月3日

新型コロナウイルス感染症患者の発生について

ここから本文です。

記者資料提供(令和2年3月3日)

3月3日(火)、神戸市内で1例目の新型コロナウイルス感染症患者が確認されました。本件について、濃厚接触者の把握を含めた積極的疫学調査を始めています。

概要

(1)年代: 40歳代

(2)性別: 男性

(3)居住地:神戸市内

(4)症状、経過:

2月27日 A医療機関を受診。発熱あり、咳症状なし。

2月29日 発熱が継続し、A医療機関を受診。

3月2日 B医療機関に入院。

発熱(38℃)、軽度の倦怠感、肺炎所見あり(咳なし)

感染を疑うため検体を採取。

3月3日 神戸市環境保健研究所において新型コロナウイルス感染症の検査実施し、陽性と判明(入院中)。容態は安定している。

(5)行動歴:詳細は現在調査中。公表すべき必要な情報は、改めてお知らせします。

「神戸市新型コロナウイルス感染症対策本部会議」の開催

(1)日 時:令和2年3月3日(火)13:15~13:45

(2)場 所:神戸市役所1号館14階AV1会議室

(3)議 題:神戸市における新型コロナウイルス感染症患者発生に伴う対応について

(4)参加者:市長、副市長、各局室区長

(5)報道機関には冒頭公開とします。

【参考】

【市民の皆様へ】

新型コロナウイルス感染症の予防のために、市民の皆様におかれましては、下記の感染予防にご留意ください。
◆感染予防のポイント
○こまめな手洗い・うがい
外出した後やティッシュを使用した後などに、石鹸(30秒)と流水(15秒)による手洗い・うがいを行いましょう。手指消毒用アルコールも効果があります。
○咳エチケット
咳やくしゃみの症状があるときは、マスクを着用するか、ひじの内側・ティッシュやハンカチなどで口や鼻を覆いましょう。手で覆った場合は、すぐに手洗いをしましょう。
〇人混みを避ける
〇免疫力を高めるために、十分な栄養と休養を取る

◆相談窓口
『神戸市新型コロナウイルス感染症帰国者・接触者相談センター』
下記の相談対象者に該当する方は、医療機関を受診する前に、まず、専用電話にお問い合わせください。
電話番号 078-322-6829(毎日24時間)

1. 発熱または呼吸器症状を有し、新型コロナウイルス感染症であることが確定した方と濃厚接触歴のある方
2. 37.5度以上の発熱かつ呼吸器症状を有し、発症前14日以内に湖北省、浙江省並びに韓国大邱広域市及び慶尚北道清道郡に渡航または居住していた方、あるいはその地域の居住者との濃厚接触歴がある方
3. 37.5度以上の発熱が4日以上(高齢者・基礎疾患等※のある方は2日程度)続く方や強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある方
注)解熱剤を飲み続けなければならない方も同様です。
※に該当する方は下記の通りです。
・高齢者
・糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)の基礎疾患がある方や透析を受けている方
・免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方
こられの方々は、重症化しやすいため、この状態が2日程度続く場合には、相談して下さい。
なお、妊婦の方も、念のため、重症化しやすい方と同様に、早めの相談をお願いします。
 
『新型コロナウイルス感染症に関する健康相談窓口』
●健康相談専用電話 078-322-6250 (毎日24時間)

●各区での健康相談窓口 (平日8:45~17:15)
東灘区:841-4131
灘区:843-7001
中央区:232-4411
兵庫区:511-2111
北区:593-1111
北神区:981-5377
長田区:579-2311
須磨区:731-4341
北須磨支所:793-1335
垂水区:708-5151
西区:929-0001
 
●厚生労働省 電話相談窓口(受付時間 9:00~21:00)
電話番号 0120-565653(フリーダイヤル 土日・祝日も実施)
 
●兵庫県(疾病対策課)24時間相談コールセンター
電話番号 078-362-9980

(その他)

なお、迅速で正確な情報提供に努めますので、市民の皆様への正確な情報提供にご協力お願いします。現場での取材は、患者及び家族の方のプライバシー保護の観点からも、お控えください。

 

 

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

保健福祉局保健所予防衛生課