3月24日は世界結核デー

ここから本文です。

記者資料提供(令和3年3月23日)

世界保健機関(WHO)では、1882年3月24日にドイツのロベルト・コッホ博士が結核菌を発見し演説したことに因み、1997年の世界保健総会で毎年3月24日を「世界結核デー(WorldTBDay)」に制定しました。例年この時期に、結核という病気について考えようと世界各地で呼びかけられています。今は新型コロナウイルス感染症が世界中に影響を及ぼしています。「3密を避ける」「マスクを着用する」は、結核の感染拡大防止にもつながります。この機会に感染症の予防について正しく勉強しましょう。

1.感染症の標準予防策:一人ひとりにできること(厚生労働省ホームページより抜粋)

まずは一般的な感染症対策(結核を含む)や健康管理に心がけてください。具体的には流水と石けんによる手洗いをしっかり行いましょう。そして、日頃から十分な睡眠とバランスのよい食事を心がけましょう。また、咳エチケットとして、公共交通機関など複数の人がいる場所では、今は症状がなくてもマスクをつけましょう。マスクがなければ、タオルやネックウオーマーなどで口・鼻を覆いましょう。結核ではせき・たんが出なければ、人の体の中に住む結核菌が体の外に出てくることはなく、他人に感染させることはありません。自分の体調がよくないと思ったとき、せきが出るときには結核のことも考えてしっかり口・鼻を覆いましょう。

2.結核の現状

日本では、年間約1万5千人の新登録結核患者があり、約2千人が亡くなっていることから、世界的には結核の「中まん延国」といわれています。2019年、全国的に新登録結核患者は65歳以上が約70%を占め、20代は約5%ですが留学生の割合が増加しています。外国出生の新登録患者に占める割合は2018年から10%を超えています。2020年は留学生が入国できず、外国生まれの患者さんは減少したと見込まれています。

3.神戸市の結核対策の取り組み

神戸市では、「神戸市結核予防計画2020」を策定し、罹患率を2020年までに17未満に減らすことをめざしてきました。新型コロナウイルス感染症対策のため、例年通りの指標による結核対策の評価ができず、「神戸市結核予防計画2020」は1年延長いたします。2020年の統計は未集計・未発表ですが、新規の留学生がいなかったため、外国生まれの結核患者数は減少が見込まれ、また、定期健診が例年通りに実施出来ず、受診控えなどもあり、市の新登録結核患者数も減少が見込まれます。一時的には目標を達成できたようにみえても、結核は潜伏期間が長いため、発見できていない患者からの感染が後に顕在化してくる可能性があります。世界結核デーにあわせ、新型コロナウイルス感染症の予防とともに結核予防についてもPRし、新型コロナウイルス感染症ではなかった場合にも「症状が長引くときは、マスクを着けて医療機関を受診しましょう」ということを知ってもらうよう今年度も神戸・清盛隊の協力を得た動画及びポスター・チラシ等を用いて、結核予防PR活動を実施します。

4.世界結核デーにあわせた結核予防PR活動

2020_worldTBday(1)市役所1号館1階、区役所、ミント神戸、三宮センター街等での神戸・清盛隊協力出演の結核予防PR動画の放映

(2)市ホームページ、広報紙KOBE3月号への掲載

(3)みなと神戸ギャラリー(みなと銀行本店)・花時計ギャラリー(市役所前地下通路)3月31日まで、区役所・婦人会館・文化センター等でのポスター掲示、チラシの配架

 

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

健康局保健所保健課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館21階 西側フロア