ホーム > 健康・医療・福祉 > 健康・医療 > 感染症・予防接種 > 予防接種 > ヒトパピローマウイルス感染症(HPV)ワクチンを接種された方も、がん検診が必要です

ヒトパピローマウイルス感染症(HPV)ワクチンを接種された方も、がん検診が必要です

最終更新日:2021年11月1日

ここから本文です。

予防接種は子宮がん検診に置き換わるものではありません。

「子宮がん検診」は2種類

子宮がんには、子宮頸がんと子宮体がんの2つの種類のがんがあり、子宮頸がん検診と子宮体がん検診の異なる2種類の検診が必要です。定期的に両方の検診を受診しましょう。

子宮がん検診は、予防接種をしていても必要です

  • 子宮がんについてヒトパピローマウイルス感染症(HPV)ワクチンは、子宮頸がんの全てに予防効果がある訳ではなく、子宮体がんの予防には効果はありません。
  • そのため、ワクチン接種されていない方はもちろん、ワクチンを接種された方も、20歳を過ぎれば子宮がん検診を定期的に受けることが必要です。
  • 神戸市子宮頸がん検診制度について

予防接種トップページへ

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 0570-083330 または 078-333-3330

このページの作成者

健康局保健所保健課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館21階 西側フロア