ホーム > 健康・医療・福祉 > 健康・医療 > 感染症・予防接種 > 感染症発生動向 > 感染症発生動向調査 週報 2022年(令和4年)

感染症発生動向調査 週報 2022年(令和4年)

最終更新日:2022年9月29日

ここから本文です。

神戸市内の感染症の発生状況について、毎週、情報を更新しています。
この週報は速報性を重視しているので、患者数は確定した値ではありません。
今後の調査などの結果に応じて、若干の変更が生じることがありますが、ご了承ください。

市内の感染症情報について「神戸市感染症統合情報システム」で情報発信をしています。

週報と併せてご覧ください。

神戸市感染症統合情報システム(外部リンク)

2022年(令和4年)週報

市内医療機関からの新型コロナウイルス感染症患者の届出は前週5,912件から今週3,616件と減少が続いています。一方で腸管出血性大腸菌感染症が2週続いて発生しました。うち1例は小児の発症例で自宅で焼き肉をしていました。腸管出血性大腸菌は感染力が強く菌量が少量でも感染します。毒性が強いため抵抗力の弱い乳幼児・高齢者は重症化することがあり、特に注意が必要です。腸管出血性大腸菌は75℃で1分間以上の加熱で死滅しますので、肉はよく加熱し、肉を焼くときは生肉専用の箸やトングを準備しましょう。秋の行楽シーズンですが、バーベキュー等でもお気をつけください。また、小動物の体表から感染した疑いの事例も報告されています。感染予防のため、動物とは過剰なふれあいをせずに、動物とふれあった後には、必ず、石けんを使用して十分に手洗いを実施しましょう。特に乳幼児等は保護者の方が手洗いを促すなどの注意が必要です。

New!第38週2022年9月19日~2022年9月25日(PDF:422KB)

 

 

週報の情報は、すべてPDFファイルで提供しています。

過去の週報

平成27年以前の週報について

平成27年以前の週報はホームページに掲載しておりません。ご入用の際は、神戸市保健所までご連絡ください。(TEL:078-322-6789)

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 0570-083330 または 078-333-3330

このページの作成者

健康局保健所保健課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館21階 西側フロア