ホーム > 健康・医療 > 新型コロナウイルス感染症 > 新型コロナワクチン > 乳幼児(生後6か月~4歳)接種のご案内(新型コロナワクチン接種)

乳幼児(生後6か月~4歳)接種のご案内(新型コロナワクチン接種)

最終更新日:2024年2月8日

ここから本文です。

お知らせ

  • 乳幼児接種については、神戸市予約サイトおよび新型コロナワクチン接種コールセンターでは予約できません。乳幼児接種を実施している医療機関の窓口で予約できます。

ワクチン接種は任意です
お子様のワクチン接種には、保護者の方の同意と立会いが必要です。
ワクチンを受ける際には、感染予防の効果と副反応のリスクの双方について、正しい知識を持って頂いた上で、保護者の方の意思に基づいて接種をご判断いただきますよう、お願いします。保護者の同意なく、接種が行われることはありません。

対象者

神戸市にお住まいの生後6か月以上4歳以下のお子様
 

実施期間

無料の新型コロナワクチン接種は3月31日で終了します。
接種時期によってはすべての接種を完了できない場合があります。接種が完了できない場合でも一定の効果が期待されますが、接種を希望される方は、できるだけ3月31日までに必要な接種を完了できるよう、早めの接種をお願いします。
 

4月1日以降の接種について

接種をご希望の場合は、任意接種として、自費で接種していただくことになります。詳細は決まり次第、市ホームページ等でお知らせします。

使用するワクチンと接種間隔

  ワクチンの種類 接種間隔
初回接種 ファイザー社の乳幼児用の(XBB.1.5)対応1価ワクチン
説明書

3回(通常、3週間あけて2回目を受け、8週間あけて3回目を受けます。)

モデルナ社の乳幼児用の(XBB.1.5)対応1価ワクチン
説明書

2回(通常、4週間の間隔をあけて2回目を受けます。)

秋冬接種
(追加接種)
ファイザー社の乳幼児用の(XBB.1.5)対応1価ワクチン
説明書
1回(前回の接種完了後、3か月経過後に接種)
 

3回の接種の途中に5歳の誕生日を迎えた方(ファイザー社の場合)

Q:3回目接種前に5歳の誕生日がきました。どうしたらよいでしょうか。
A:初回接種については、1回目の接種時の年齢に基づいて判断します。ファイザー社の場合、1回目の接種時に4歳だったお子様が、2回目・3回目の接種時までに5歳の誕生日を迎えた場合、2回目・3回目の接種にも1回目と同じ乳幼児(6か月~4歳)用ワクチンを使用します。
(参考)厚生労働省Q&A

インフルエンザワクチン等、他のワクチンとの接種間隔について

新型コロナワクチンとインフルエンザワクチンは接種間隔の規定がなく、いずれかのワクチンを接種後に、間隔をあけずにもう一方のワクチンを接種できます。また、同時接種も可能です。
例)同じ医療機関で同時刻に続けて接種する、同日あるいは翌日などに接種する。

しかし、インフルエンザワクチン以外のワクチンは、新型コロナワクチン接種後すぐに接種を受けることはできません。互いに、片方のワクチンを受けてから2週間後に接種できます。
例)10月1日に新型コロナワクチンを接種した場合、他のワクチンを接種できるのは、10月15日(2週間後の同じ曜日の日)以降になります。
なお、創傷時の破傷風トキソイド等、緊急性を要するものに関しては、例外として2週間を空けずに接種することが可能です。

予約方法・接種場所

予約方法が医療機関によって異なりますので、下記の個別接種医療機関一覧から予約方法を確認のうえ、電話や医療機関のサイトから予約をしてください。
なお、神戸市予約サイトおよび新型コロナワクチン接種コールセンターでは予約ができません。
  マップ上でご自宅やお勤め先などの近くでワクチン接種を受けられる医療機関を探すことができます。
※集団接種会場での接種はできません。

接種券

接種券の発送状況、再発行申請についてご案内します。
※接種回数3回分の「シール式接種券」を水色の封筒で送付します。5歳以上になっても接種券や同封の予診票はそのまま使用しますので、捨てないようにご注意ください。
 

持ち物

  • 追加接種:接種券一体型予診票 初回接種:接種券、予診票(あらかじめ予診票にご記入ください)
  • 本人確認書類(本人・保護者両方)(氏名・生年月日・住所が確認できる書類
    ※健康保険証、マイナンバーカード、運転免許証、身体障害者手帳、パスポート、生活保護費支払通知書、在留カードなど

  • 母子健康手帳

  • おくすり手帳(お持ちの方)
※接種にあたっては、保護者の同意と立ち合いが必要です。

効果・副反応

どのような効果がありますか

ファイザー社のオミクロン株対応1価ワクチンは、生後6か月~4歳の乳幼児においても、現在の流行株であるオミクロンXBB系統に対して、中和抗体価の上昇が確認され、重症化予防効果等の向上が期待されています。モデルナ社のワクチンも生後6か月~5歳の乳幼児において、同様の効果が期待されています。

参照:(厚生労働省)新型コロナワクチンQ&A:乳幼児(生後6か月~4歳)の接種では、どのような効果がありますか。(外部リンク)
 

どのような副反応がありますか

接種部位の痛みや疲労、発熱、頭痛等、様々な症状が確認されていますが、ほとんどが軽度または中等度であり回復していること、現時点で得られている情報からは、安全性に重大な懸念は認められていないと判断されています。

参照:(厚生労働省)新型コロナワクチンQ&A:乳幼児(生後6か月~4歳)の接種にはどのような副反応がありますか。

ワクチンに関する資料

厚生労働省

兵庫県

日本小児科学会

相談窓口

 

お問い合わせ先

健康局保健所保健課