新型コロナウイルス感染症 > 新型コロナウイルス感染症 > 新型コロナワクチン > 1・2回目接種のご案内(新型コロナワクチン)

1・2回目接種のご案内(新型コロナワクチン)

最終更新日:2023年1月30日

ここから本文です。

12歳以上の方の1・2回目接種についてご案内します。

対象者

  • 12歳以上の方

使用するワクチンと接種間隔

1・2回目接種は従来型ワクチンを接種します。
※オミクロン株対応ワクチンは接種できません。
   
ワクチンの種別 1回目と2回目の接種間隔
ファイザー社製 3週間
武田社製(ノババックス) 3週間

【インフルエンザワクチン等、他のワクチンとの接種間隔について】

新型コロナワクチンとインフルエンザワクチンは接種間隔の規定がなく、いずれかのワクチンを接種後に、間隔をあけずにもう一方のワクチンを接種できます。また、同時接種も可能です。
(例)同じ医療機関で同時刻に続けて接種する、同日あるいは翌日などに接種する。

しかし、インフルエンザワクチン以外のワクチンは、新型コロナワクチン接種後すぐに接種を受けることはできません。互いに、片方のワクチンを受けてから2週間後に接種できます。
(例)4月1日に新型コロナワクチンを接種した場合、他のワクチンを接種できるのは、4月15日(2週間後の同じ曜日の日)以降になります。
なお、創傷時の破傷風トキソイド等、緊急性を要するものに関しては、例外として2週間を空けずに接種することが可能です。
インフルエンザに注意しましょう
新型コロナワクチンとそれ以外のワクチンは、同時に受けることはできますか。(厚生労働省)

接種場所

個別接種医療機関、集団接種会場で接種ができます。
実施の有無については、各医療機関にお問い合わせください。
 

予約方法

インターネットやコールセンターなどから予約ができます。
 

接種券

接種券の発送状況、再発行申請についてご案内します。
 

接種当日の注意事項・持ち物

接種当日の注意事項や持ち物については下記をご確認ください。
 

接種当日の注意事項(15歳以下の方)

接種にあたっては、原則、保護者の方の同意及び同伴が必要です。
 

保護者が同伴できない場合
特別な事情により保護者の同伴ができない場合は、普段から被接種者の健康状態等を熟知する家族等が代わりに同伴することも可能です。
その場合、予診票に保護者の署名がなければ、保護者の委任状が必要となりますので、下記より様式をダウンロードし、接種当日に接種券等とあわせてご持参ください。
接種される方の健康状態の確認などのため、必要に応じて保護者の方に連絡させていただく場合があります。
※予診票への署名または保護者の委任状がない場合は、接種ができませんのでご注意ください。
委任状

よくある質問

1・2回目接種はいつまで実施しますか。

オミクロン株対応ワクチンの接種は、12歳以上で、初回(1・2回目)接種完了から3か月経過した方が接種を受けることができますが、新型コロナワクチンを自己負担なしで受けられるのは、現時点で令和5年3月31日までとされています。
(厚生労働省)初回接種がまだお済みでない方へ

初回接種がまだお済みでない方へ

 

お問い合わせ先

健康局保健所保健課