パルスオキシメーターの使い方

最終更新日:2021年11月8日

ここから本文です。

パルスオキシメーターとは、皮膚をとおして血中の酸素飽和度(SpO2)と脈拍数を測定するための装置です。
PCR検査等の結果が「陽性」となった場合、病状に応じて、神戸市からパルスオキシメーターを貸し出します(要返却)。

使い方

スイッチボタンを押す

使い方1
電源マークなどスイッチボタンを押して、電源を起動してください。

人差し指を測定部に入れる

人差し指を赤い光の出ている部分に爪があたるようにしっかり挟んでください。測定は自動的に始まりますのでそのまま20~30秒お待ちください。

数値をよむ


数字が落ち着いてきたところで数値をよんでください。SpO2(%)と表示されているところが、測定した血中の酸素飽和度になります。
※万が一、95%以下の数字になった場合はすぐ保険センターまでご連絡ください。保健センター連絡先

使用上の注意

  • 測定は座って行い、測定中は指を動かさないでください。
  • あらかじめ爪は切っておいてください。
  • マニキュアやジェルネイルをしていると正確に測れません。マニキュアをされている場合は、除光液で除去してください。ジェルネイルをしている場合は、保健センターにお伝えください。
  • 指先が冷えている場合は、手を温めてから測定してください。
  • 酸素飽和度の値は、脈拍が安定する20~30秒後に数値を読んでください

お問い合わせ先

検査や受診、診断に関するお問合せはよくある質問と回答をご確認ください。

このページの作成者

健康局保健所保健課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館21階 西側フロア