医療・健康相談

ここから本文です。

  1. 感染症に関する健康相談
  2. 感染拡大の不安や動揺などでのストレスに関するご相談

 

神戸市電話相談窓口(24時間受付:多言語対応可)

名称・電話番号 対象者など

新型コロナウィルス
専用健康相談窓口

078-322-6250

  • 予防に関すること、感染症・健康不安に対する相談のある方
  • 少なくとも下記事項のいずれかに該当する方はすぐにご相談ください。 
  1. 息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱などの強い症状のいずれかがある方
  2. 高齢者や基礎疾患のある重症化しやすい方で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状のある方
  3. 上記以外でも、発熱や咳など比較的軽い風邪症状が続く場合

 症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。
 症状には個人差がありますので、強い症状と思う方はすぐに相談してください。
 解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。

  • その他
  1. 感染者と接触があった方
  2. WHOの公表する流行地域(PDF:398KB)に渡航歴等のある方

ファクシミリ
078-391-5532

  • 送付票はこちら

※に該当する方は下記の通りです。
・高齢者
・糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)の基礎疾患がある方や透析を受けている方
・免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方
これらの方々は、重症化しやすいため、風邪症状のある方は、相談して下さい。
なお、妊婦の方も、念のため、重症化しやすい方と同様に、早めの相談をお願いします。小児については、小児科医による診察が望ましく、新型コロナウイルス専用健康相談窓口か、かかりつけ小児科医に電話でご相談ください。検査については医師が個別に判断します。
新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安(外部リンク)

相談対象者(帰国者・接触者相談センター)

1.感染者との接触があった方 新型コロナウイルス感染症であることが確定した方と濃厚接触歴があり、発熱または呼吸器症状のある方
2.WHOの公表する流行地域への渡航等があった方

発症前14日以内にWHOの公表する流行地域(PDF:398KB)へ渡航または居住していた方、
あるいはその地域の居住者との濃厚接触歴がある方で発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある方

3.右記の相談・受診の目安に当てはまる方 風邪の症状や発熱がある方
注)症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。解熱剤を飲み続けなければならない方も同様です。
強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある方

 

お住まいの区および支所の保健センター

平日の8時45分から17時15分の間は、下記でも相談を受け付けています。

各区および支所 電話番号
東灘区 841-4131
灘区 843-7001
中央区 232-4411
兵庫区 511-2111
北区 593-1111
北区(北神区役所) 981-5377
長田区 579-2311
須磨区 731-4341
北須磨支所 793-1335
垂水区 708-5151
西区 929-0001


厚生労働省及び県の窓口

機関名 対応時間 電話番号
厚生労働省の電話相談窓口
「新型コロナウイルスに係る厚生労働省電話相談窓口(コールセンター)」
9時00分~21時00分 0120-565-653
兵庫県(疾病対策課)の相談窓口 平日9時00分~17時30分 078-341-7711(内線:3296)
休日及び夜間(17時30分~翌9時00分) 090-3265-8583

 

 

新型コロナウイルス感染拡大で不安を感じている方へ

 新型コロナウィルス感染拡大やその影響に関して、不安や動揺などを感じていませんか。このようなストレス状態が長く続くと、気持ちやからだや考え方に、さまざまな変化があらわれることがあります。
 気持ちを誰かに話したり相談したりすることで、つらさや不安がやわらぐことがあります。ひとりで抱え込まずにご相談ください。

 078-371-1900 

 月曜~金曜 午前8時45分~17時15分(12~13時・祝日除く) 

https://www.city.kobe.lg.jp/a37430/kenko/health/kokoro/index.html

新型コロナウィルス流行によるストレスへの対処について(外部リンク)

 

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

健康局保健所予防衛生課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館6階、1号館21階 西側フロア