学びの環境整備

ここから本文です。

家庭学習の支援について

 

 

家庭学習の支援について

市立の小学校と中学校では、家庭学習の支援のため、各学校に「こうべっ子家庭学習のホームページ」の開設を進めており、準備が整った学校から保護者に対して順次、当該ページの閲覧案内を行っています。

参考)関連リンク
文部科学省HP「子どもの学び応援サイト(臨時休業期間における学習支援コンテンツポータルサイト)」(外部リンク)

 

2.英語の発音練習アプリの無料提供

神戸市の姉妹都市シアトル圏のスタートアップ企業、ブルー・カヌー・ラーニング社から英語の発音練習アプリ「ブルー・カヌー」が6月30日(火曜)まで無料提供されます。海外に渡航するのが難しい今でも、ご自宅で英語の学習ができます。

「ブルー・カヌー」はAIと発話認識技術を活用した各種レッスンやゲームにより、英語の発音チェックや練習ができます。
アプリは日本語に対応。英語が苦手な方でも安心して発音の練習ができます。
主に中学生以上の英語学習経験がある方向け。1日10分程度の利用が推奨されています。
神戸市内に在住、在勤または在学の方であれば、令和2年5月2日(土曜)から6月30日(火曜)まで、どなたでも無料で利用できます。

使い方
下記のURLまたは2次元バーコードより氏名とメールアドレスを登録してください。(登録情報は直接ブルー・カヌー・ラーニング社に送信されます。)
登録後ブルー・カヌー・ラーニング社から利用者にアプリ登録案内メールが送信されます。(通常、48時間以内にメールが送信されますが一時的に多くの申込が集中した場合は、1週間程度要する可能性があります。)
 利用登録はこちらhttps://forms.gle/1xPHbyhytp7iGu2p9
 ※利用後に自動的に有料会員となることはありません。

<参考>ブルー・カヌー・ラーニング社(Blue Canoe Learning, Inc)
ブルー・カヌー・ラーニング社は脳科学とAIを活用し、毎日10分間ゲーム仕立てのアクティビティーをすることで、英語の発音がよりクリアになるスマートフォンアプリ「ブルー・カヌー」(Blue Canoe)を開発し、世界45カ国の企業に提供しているスタートアップ企業です。日本でも2018年9月から企業向けに販売を開始しました。他の英語教育アプリと比較し、ユーザーの発音をデータにしてサービス向上に活用するAI技術を導入している点が特徴です。(公式ホームページ:https://bluecanoelearning.com/ja/

 

3.ICTを活用した生活困窮者学習支援事業

家庭教師でマンツーマン指導を展開する株式会社トライグループのノウハウを活用し、生活困窮世帯の中学3年生を対象に、ICTを活用した①バーチャル自習室を開設するとともに、②個別同時双方向型のオンライン学習支援(いずれも無料)を行います。
新型コロナウイルス感染症拡大で休校期間が長期化して学力格差が懸念される中、家庭学習で分からないまま質問できずに放置している問題などを、大学生等講師に直接質問できる仕組みを提供します。詳しくはこちらをご覧ください。

 

非認知能力とは、自己肯定力や、仲間と協調して取り組む力や姿勢など、これからの社会を生き抜く力として非常に重要であると考えられています。
 現在、外出が制限され、子どもたちは家で自由に過ごす時間が多くなっています。そこで、この時間を有効活用し、「社会を生き抜く力」を子供たちにつけてもらうきっかけにしたいと考えています。また、少しでも、外に出られずつまらないと感じている子どもたち、在宅勤務をされている保護者への支援にもなればと考えています。
 具体的には、市民の皆様に無料でご利用いただける、こどもの非認知能力向上のための神戸オリジナルプログラムをネット上で配信する予定です。詳細は、決まり次第、本市のホームページ上で公表します。

 

5.子ども向け社会体験無料アプリ「ごっこランド」の活用

おしごと体験しながら、おでかけ気分も味わえる!子ども向け社会体験無料アプリ「ごっこランド」に「こうべしのおしごとたいけん」を5月20日(水曜)より提供開始します。
詳しくはこちらをご覧ください。

 

 

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314