現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2019年11月 > 世界エイズデーイベントのご案内(HIV・エイズに関する啓発活動)

更新日:2019年11月1日

世界エイズデーイベントのご案内(HIV・エイズに関する啓発活動)

ここから本文です。

記者資料提供(令和元年11月1日)

保健福祉局保健所予防衛生課竹原、清水

TEL:078-322-6789内線3424

E-mail:yoboueiseika@office.city.kobe.lg.jp

趣旨

12月1日の世界エイズデー(WorldAIDSDay)は、世界レベルでのエイズの蔓延防止と患者・感染者に対する差別・偏見の解消を目的に、WHO(世界保健機関)が昭和63年に制定しました。12月1日を中心に、世界各国でエイズに関する啓発活動が行われます。

また、平成17年7月に神戸市で第7回アジア・太平洋地域エイズ国際会議(ICAAP:アイキャップ)が開催され、これを契機に、エイズに関する正しい知識等に関する啓発活動を推進しています。

内容

神戸市内の街灯を赤くライトアップ

神戸市内施設の協力を得て、世界エイズデーに、エイズへの理解と支援のシンボルであるレッドリボンの赤色に点灯いたします。

【日時】令和元年12月1日(日曜日)日没~各施設消灯まで

【ライトアップスポット全12ヶ所】

ハーバーランド線照明灯 ポートターミナル西デッキ
兵庫運河新川プロムナード 兵庫運河浜山プロムナード
BEKOBEモニュメント(しおさい公園) mosaic大観覧車
メリケンパーク BEKOBEモニュメント(メリケンパーク)
かもめりあ 神戸大橋
フラワーロード(光のミュージアム) 明石海峡大橋

 

(参考)レッドリボンについて

エイズに関して偏見をもっていない、エイズとともに生きる人々を差別しないというメッセージが込められています。

「♯神戸レッドリボン2019」フォトコンテストの開催

12月1日に赤色に点灯された街並みをインスタグラムへ投稿し、神戸市からレッドリボンのメッセージを写真で発信しませんか。投稿していただいた方の中から抽選で50名様に景品を準備しております。

【募集期間】12月1日(日曜日)~12月8日(日曜日)まで

【応募方法】

  1. インスタグラム登録し、公式アカウント@kobe_redribon2019(外部リンク)をフォロー
  2. 12月1日に点灯する上記ライトアップスポットで写真を撮影
  3. ハッシュタグ「♯神戸レッドリボン2019」を付けてインスタグラムに投稿(12月1日~12月8日まで)

詳細はhttp://www.city.kobe.lg.jp/life/health/infection/aids/をご参照ください

啓発グッズの街頭配布

HIV/エイズ啓発・支援活動等に取り組む以下の団体とともに、啓発資材を街頭配布します。(天候により、中止をする場合がございます)

  • ポーアイ4大学(神戸学院大学、神戸女子大学、兵庫医療大学、神戸女子短期大学)
  • ふれんどりーKOBE

【日にち】令和元年12月1日(日曜日)16時~18時(予定)

【場所】しおさい公園BEKOBEモニュメント周辺

メリケンパークBEKOBEモニュメント周辺

HIV・AIDSセミナー

HIV・エイズの現状や、近年注目されているLGBTについて、HIV感染者・エイズ患者と関わる機会がある職種を対象としたセミナーを開催いたします。

「神戸市HIV/AIDS講演会」

【日時】令和元年12月7日(土曜日)15時~17時

【座長】神戸大学医学部附属病院感染症内科教授:岩田健太郎氏

【講演者】(一社)LGBT理解増進会代表理事、BASEKOBE代表:繁内幸治氏

神戸市保健福祉局保健所担当課長(健康危機管理対策担当):尾崎明美氏

【場所】TKP三宮カンファレンスセンターホール5A

【対象】HIV/AIDSに関わる医療従事者・学生、福祉施設職員、教育関係者、養護教諭の方優先

【定員】100名程度(申込不要・先着順)

参考

国内のHIV・エイズの現状

2017年末現在、世界中のHIV感染者数は3,690万人と報告されています。世界では1日に約1,650人の若者(15歳~24歳)がHIVに感染しています。

国内では、平成30年にHIV感染者・エイズ患者報告数は1,288件で、特に20~40代の方が多い状況です。主な感染経路は性的接触であり、その多くは男性同性間の性的接触によるものです。市内では、平成30年に7名のHIV感染者・エイズ患者が報告されました。

なお、エイズを発症してはじめてHIV感染を知る人が約3割いますので、自身がHIVに感染していることを知らない人が数多くいると考えられます。

現在、治療法の進歩により、感染の早期把握・治療の早期開始・継続により、エイズの発症を防ぐことができるようになっています。感染の可能性があればまず検査を受けましょう

神戸市保健所で実施している検査について
  1. 平日昼間HIV・梅毒体検査(予約不要)
    月1回指定木曜日14時30分~16時/健康ライフプラザ
    結果は1週間後
  2. 平日夜間HIV・梅毒・クラミジア(予約不要)
    毎週水曜日18時~20時/三宮センタープラザ西館6階会議室
    結果は1週間後
  3. 土曜日即日HIV・B型肝炎抗体検査(要予約)
    月1~2回指定土曜日13時~14時/三宮センタープラザ西館6階会議室
    保健所予防衛生課まで、電話で予約
    結果は採血後1~1時間半後

関連資料

「♯神戸レッドリボン2019」フォトコンテストチラシ(PDF:903KB)

神戸HIV/エイズ講演会のご案内(PDF:285KB)

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

健康局保健所予防衛生課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館6階、1号館21階 西側フロア