ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2022年12月 > 「神戸防災のつどい2023~震災教訓の継承と自己決定力向上~」を1月15日に開催します

最終更新日:2022年12月15日

「神戸防災のつどい2023~震災教訓の継承と自己決定力向上~」を1月15日に開催します

ここから本文です。

記者資料提供(2022年12月1日)
危機管理室総務担当

阪神・淡路大震災から28年目を迎えるにあたり、震災から学んだ多くの教訓を次世代に引き継ぎ、新たな災害に備えるため、「神戸防災のつどい2023~震災教訓の継承と自己決定力向上~」を開催します。

日時

令和5年1月15日(日曜)10時から16時30分まで

場所

  • 中央区文化センター(神戸市中央区東町115番地)
  • 神戸・三宮センター街1丁目(京町筋から生田筋までの間)
  • 神戸市危機管理センター 防災展示室(神戸市中央区江戸町97番地)

プログラム

(1)中央区文化センター

①ワークショップ【10時00分から15時30分まで】

  • 親子ワークショップ(コープこうべ 第3地区本部)
  • 土砂災害の恐ろしさをVRで体験しよう!(神戸市消防局市民防災総合センター)
  • 自助スキルを身につけよう~ロープ結索・心肺蘇生法(QCPR)~(神戸学院大学 Seagull Rescue(シーガルレスキュー))
  • 災害時も美味しく&ECO上手になれる料理教室(神戸学院大学 防災女子)

②防災関係団体セミナー

  •  これからの神戸の減災を考える(神戸の減災研究会)

 時間:14時00分から16時30分まで
 講演:シミュレーションによる神戸市地盤の液状化リスク評価/前回研究会の活動報告/ 今回研究会の活動方針

  • 地域の防災力向上を目指したまちづくりと防災技術((公社)日本技術士会近畿本部) 

時間:13時30分から16時30分まで
講演:「ある技術士の復興まちづくり支援10年の記録」-被災者団体を石巻津波復興祈念公園の指定管理者に育てるまで-/ ハザードマップの有効な活用方法と課題/専門家の連携による復興支援と防災/ 気象情報の情報発信について(仮)

  • 災害時の避難について~自分のこととして考える~(神戸防災技術者の会(K-TEC))

時間:14時00分から16時30分まで
講演:阪神・淡路大震災時の避難の様子/ 防災ゲーム(クロスロード)の様々な事例紹介/フロアディスカッション(テーマ:参加者が自分のこととして避難を考える)

  • 自分や大切な人の命を守るための備え(神戸市危機管理室)

 時間:14時00分から15時30分まで
 講演:災害時の情報発信と避難行動/ 南海トラフ巨大地震とそれに伴う津波の想定と備え

(2)神戸・三宮センター街1丁目【11時00分から15時30分まで】

①展示

  •  阪神・淡路大震災 28年前の1.17に何が(NHK神戸放送局)
  •  震災写真・パネル展示(神戸新聞社)
  •  ローリングストックってなあに(コープこうべ 第3地区本部)
  •  もし、もしも 私の3日間に備える((株)フェリシモ)

②ワークショップ

  •  防災工作・クイズ(117KOBEぼうさい委員会)
  •  避難リュックの重さ体験ゲーム(NPO法人神戸の絆2005)

(3)防災展示室

  • 非常食やサバイバルトイレなどの防災グッズの展示など

主催

災害対策セミナー実行委員会
(117KOBEぼうさいマスター育成会議、神戸学院大学、神戸市)

 

神戸防災のつどい
※詳しい開催内容・申込方法などは、「神戸防災のつどい2023」WEBサイト(外部リンク)をご覧ください。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 0570-083330 または 078-333-3330