ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2022年1月 > 【訂正】新時代の共助を気軽に体感「共助DXカフェ」1月17日に1日開店!

最終更新日:2022年1月14日

【訂正】新時代の共助を気軽に体感「共助DXカフェ」1月17日に1日開店!

ここから本文です。

記者資料提供(令和4年1月13日)
阪神・淡路大震災のような大災害では、公的な救助活動に限界があり、「共助」つまり市民どうしの助け合いが重要です。神戸市では、災害時応援協定事業者などと連携し、ICTやAIなど新たな技術によって「共助」を促す取り組みを進めています。
災害時にEV(電気自動車)の電力を利用して避難所等へ給電する新たな活用モデルをご紹介する「共助DXカフェ」を開催します。また、1月16日(日曜)、17日(月曜)には、「1.17→(イッテンイチナナカラ)」も同じ場所で開催します。

1.開催日時

令和4年1月17 日(月曜)11 時から14時30分まで

2.場所

神戸・三宮センター街1丁目 西側(生田筋付近)

3.概要

・当日8時30分、災害時に備えて72,000リットルの水を貯留している神戸酒心館の貯水槽から水を汲み出し、日産自動車のEV(リーフ)で会場まで運搬します。

・EVの電力により「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ」でコーヒーを入れ、道行く人たちにお配りします。また、防災に関する絵本や災害時の非常食を展示します。
・災害時に大規模な停電が発生した場合に、EV等の外部給電機能による避難所等への電気供給を効率的に行うため、AI防災協議会と開発を進めている「給電サポーターマッチングシステム」の実機操作のデモンストレーションを行います。

※新型コロナウイルス感染症の感染拡大を踏まえ、下記の内容に変更します。ximag
・EVを展示するとともに、EV等を活用した外部給電やAI防災協議会と開発を進めている「給電サポーターマッチングシステム」、同日開催する「LINEを活用した災害情報共有訓練」をモニター等で紹介します。(モニターはEVの電力を活用します。)
・その他、災害への備えに関するパネル展示等を行います。

4.協力

AI防災協議会、日産自動車株式会社、兵庫日産自動車株式会社、ネスレ日本株式会社、株式会社神戸酒心館、神戸・三宮センター街1丁目商店街振興組合

5.同時開催イベント「1.17→(イッテンイチナナカラ」

・日時:1月16日(日曜)・17日(月曜) 11時から16時まで  
・場所:神戸・三宮センター街1丁目 西側(京町筋から生田筋)
・主催:神戸市(建築住宅局・経済観光局)
 共催:神戸すまいまちづくり公社
 協力:神戸・三宮センター街1丁目商店街振興組合
・市民の防災・耐震の意識向上を図るため、阪神・淡路大震災を経験していない世代である大学生が震災について学び、感じたこと・考えたことを発信するイベントです。神戸耐震検定や防災ワークショップ、レスキューロボットの展示などを行います。

6.新型コロナウイルス感染症に関するイベント開催時のチェックリスト

・イベント開催時のチェックリスト
 

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 0570-083330 または 078-333-3330

このページの作成者

危機管理室総務担当 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所 危機管理センター2階