現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2020年12月 > 「神戸防災のつどい2021~震災教訓の継承と自己決定力向上~」を1.17に開催します

更新日:2021年1月13日

「神戸防災のつどい2021~震災教訓の継承と自己決定力向上~」を1.17に開催します

ここから本文です。

記者資料提供(令和2年12月4日)
阪神・淡路大震災から26年目の令和3年1月17日(一部18日)に、震災から学んだ多くの教訓を次世代に引き継ぎ、新たな災害に備えるため、防災知識を深める講演会等のプログラムを開催します。
また、新型コロナウイルス感染防止のため、今年はオンラインで参加できるワークショップイベントを新しく開催します。

1.主催

災害対策セミナー実行委員会

(117KOBEぼうさいマスター育成会議、神戸学院大学、株式会社神戸国際会館、神戸市)

2.開催日

令和3年1月17日(日曜)(一部18日(月曜))

3.場所

・神戸国際会館 セミナーハウス(神戸市中央区御幸通8-1-6)

・人と防災未来センター 東館1階シアター(神戸市中央区脇浜海岸通1-5-2)

・オンライン会場(Zoom)

4.プログラム(要申込)

(1)防災関係団体セミナー

〇これからの神戸の減災を考える

【主催】

・神戸の減災研究会

【講演内容】

・「土のう構造体」を用いた既設盛土の耐震補強工法の開発

・「神戸の減災研究会」と神戸の地盤

・路面下空洞調査結果分析と空洞危険度評価手法の提案について

 

〇突然の大災害に備え、市民・地域コミュニティは何をするか

【主催】

・公益社団法人日本技術士会近畿本部

【講演内容】

・地域防災力向上へむけたコミュニティ支援のあり方

・1.17から10年目の3.11へ~兵庫県のボランティア活動~

・地域防災を考える~防災リーダー活動と支えあいのまちづくり~

・防災気象情報の伝達の難しさ

・講演者、会場参加者、WEB参加者による討論会

 

〇コロナ時代の避難を考える

【主催】

・神戸防災技術者の会(K-TEC)

【講演内容】

・コロナ禍において今ならどう避難するか、過去の経験を振り返り、新型コロナ対策を学び、これからの避難のあり方を考えるセミナーです。

 

〇「Joint Seminar 減災」主催シンポジウム(このプログラムは18日に開催)

【主催】

・Joint Seminar 減災

【講演内容】

・未定(実施内容が確定しましたら「神戸防災のつどい2021」WEBサイトにてお知らせします)

 

(2)オンラインワークショップ・体験メニューbousaizyosi.JPG

〇神戸学院大学「防災女子」によるオンラインワークショップ

・空き缶を使ったコンロ、ローリングストックやポリ袋調理を通じ、災害時でもおいしく健康に食べる方法をお伝えします。

 

〇117KOBEぼうさい委員会によるオンラインワークショップbousaiiinnkai.JPG

・委員会に所属する大学生のメンバーが、参加者と一緒にオンラインで防災に関する工作やクイズ、ゲームを実施します。

 

〇土砂災害の恐ろしさをVRで体験しよう【中止になりました】

・仮想の住宅街で、激しい雨と土石流をVR(バーチャルリアリティ)で体験できます。あなたの避難スイッチやタイムラインを考えるきっかけにしませんか?

 

※詳しい開催内容、申込方法などは、「神戸防災のつどい2021」WEBサイト(https://kih-app.jp/bousai2021/)(外部リンク)もしくはチラシ(PDF:4,898KB)をご覧ください(WEBサイトは12月11日公開予定)。

※内容は変更になる可能性があります。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

危機管理室総務担当 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所 危機管理センター2階