新たな交通政策の検討

最終更新日:2021年11月9日

ここから本文です。

新たなモビリティサービスの活用検討

IoT・AI、自動運転など、交通分野においても進化するテクノロジーを活用したサービスの実現に向けた取り組みが進んでいます。これらの取り組みは、今後様々な社会課題の解決に活用できる可能性があり、本市としても民間事業者の検討や実証実験等の取り組みに対し、市の施策を活用しながら必要な支援や協力を行っています。

データに基づく持続可能な路線バス網の構築に向けた取り組み

きめ細かで持続可能な交通環境の形成に向け、科学的なデータを有効に活用し、需要に応じて適切に路線バス網を配置していくための「データに基づく持続可能な路線バス網の構築に関する考え方」を本市が策定するにあたり、専門的な見地から意見を求める有識者会議を開催しました。
現在、「考え方」の策定に向けて検討を進めています。

 

 

LRTが走る未来のKOBEを考える座談会

 本市では都心三宮からウォーターフロントにかけて大規模な再開発が進んでおり、将来の移動需要を見越し、回遊性向上のための移動手段の検討を行っています。
現在、未来の“神戸らしい都心の姿”を考えていく上で、回遊性を促す多様な移動手段の1つである「LRT(次世代型路面電車システム:Light Rail Transit)」をテーマに取り上げ、さまざまな分野の経験を有する方々に、LRTがまちの回遊性や魅力向上にどうつながるか幅広く意見をいただくための座談会を開催しています。

 zadankai

『事業者の皆様からの提案をお待ちしています』
 新たなモビリティサービスの活用検討に関連した市の施策

Urban Innovation KOBE(外部リンク)

市が提示する社会・行政課題に対して事業者からの提案を募る制度
(対象者:ITを活用した地域・行政課題の解決と新ビジネス・サービスの創出を目指すスタートアップ事業者)

Urban Innovation KOBE +P(外部リンク)
事業者から社会・行政課題解決につながる提案を受け付ける制度
(対象者:ITを活用した新ビジネスを行うスタートアップ事業者、ベンチャー企業、既存企業の第二創業)

Be Smart KOBE
神戸市のスマートシティ推進に向けた各種施策・事業者募集の情報等
CO+CREATION KOBE Project(民間提案型事業促進制度)(外部リンク)
民間事業者のノウハウに基づく事業を一層推進するため、神戸市が抱える行政課題の解決につながる事業に対して費用の一部を支援する制度

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 0570-083330 または 078-333-3330

このページの作成者

都市局交通政策課 

〒651-0083 神戸市中央区浜辺通2-1-30 三宮国際ビル6階